サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325125544a2.jpg
170325125544
JR御殿場線「御殿場」駅
停車しているのは、小田急線直通、特急「あさぎり4」号、新宿行き
「MSE」という愛称のロマンスカーです

東京メトロ乗り入れなので、「メトロスーパーエクスプレス」の略かと
思ってしまいますが、「マルチスーパーエクスプレス」の略だそうです

他のロマンスカーとの違いは地下鉄乗り入れのため、先頭に非常用扉が付いています
(写真の車両は中間車で貫通路にもなっています。愛称名も目立たない場所に・・・

READ MORE▼

スポンサーサイト

2017.04.26 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325121619a2.jpg
170325121619
JR東海道本線「沼津」駅でバタバタしています

沼津名物の「干物」を買おうと、駅ナカショップを探したのですが、駅構内にはお店は無し
その2、ICカードで「松田」駅まで行けるか駅員さんを探して尋ねたら、不可能との事

この界隈はJR東日本とJR東海の境目になっています

路線的には、熱海駅から西の東海道本線がJR東海
沼津から分岐して、国府津駅までの御殿場線がJR東海・・・ですが
ICカードの場合、東海道本線「熱海」駅のお隣の「函南」駅まで、
御殿場線は「御殿場」駅までしか利用出来ないのだそうです
(もし、そのまま行っちゃうとカード情報の修正をして、現金精算をするみたいです)

ICカードの優位さを選ぶなら、東海道本線利用の場合、函南駅で一旦、降りて
切符を買って熱海に行き、そこで降りて、ICカードで乗車

御殿場線利用の場合、御殿場駅で一旦、降りて、
切符を買って松田に行き、ICカードで小田急に乗り換える

どちらも面倒と言えば、面倒ですが、
何も無さそうな函南駅で待つより、御殿場駅の方が潰しが効きそう
結論として、御殿場線で行こう!!と決めたのですが・・・

この写真を撮ったのが12時16分19秒
御殿場線の発車が12時19分・・・あと2分41秒

急いで御殿場線ホームへ向かいます

READ MORE▼

2017.04.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325111415a2.jpg
170325111415
JR東海道本線「由比」駅に着きました
平屋の駅舎の前には客待ちのタクシーが停車中
「薩た峠」へのお客さんが利用するのでしょうか

「興津」駅から1時間50分の歩きでした
事前に立てたプラン表では3時間かかる筈だったのに
ちょっと早すぎた感じ?
予定に余裕を持たせすぎたでしょうかね

13時16分発の電車に乗車する予定でしたが・・・2時間も早いです

丁度、その時、11時15分発の電車が到着
見ると、改札から跨線橋を渡ったホームに停車します

となると、急いでも間に合わないので、その次の電車にする事に・・・

READ MORE▼

2017.04.20 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325105429a2.jpg

170325105429
住所で言うと、静岡市清水区・・・由比東倉澤
「薩た峠」を下り、昔ながらの街道を「由比」駅に向かって歩いています

その途中、石塔には「中峯神社」と彫られていますが、気になったのはその隣
「八阪神社」への参道でした

胸突き八丁の急な階段を小さな女の子がお母さん?と一緒に上っています
お参りも大変だ~

大人でもキツそうな石段・・・行きよりは帰りの方が怖そうな感じです

READ MORE▼

2017.04.17 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325104312a2.jpg

170325104312
白い紙で保護されたビワの実と黄色く色づいたミカン越しに
由比の街が見えています

海寄りを右カーブをしているのは「東名高速道路」です
その道の脇に小さな建物が見えていますが・・・なんと「由比PA」(下り)です
昨今、レストランやお土産物屋が充実して、高速道路の人気施設ですが
こちらのは、とても貧相小ぶり

山側には国道1号線とJR東海道本線が隣接していてスペースがないため
1車線分の誘導路と駐車場、それとトイレと自販機のみ設置されているとか

ただ、トイレの2階の休憩スペースからの眺望は素晴らしい・・・とか

READ MORE▼

2017.04.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325103103a2.jpg
170325103103
正面左側の山並みが「愛鷹山」、その右奥に微かに「箱根山」が見えています
海の上を通っているのは「東名高速道」です

台風襲来時とか「高波」の危険が有る時、よく閉鎖となる区間・・・

この「薩た峠」の区間は東海道の三大難所のひとつとされますが、
東名高速道の山側には東海道(国道1号)と東海道線が通るスペースも有り、
難所と言うほどではないのでは?・・・と思われがちですが
このスペースが出来たのは、江戸時代末期だったそうです

1854年の「安政の大地震」で隆起してできたスペースで
それまでは、この崖が直接、海に落ちこむ地形だったそうです

このスペースが出来た後も、大正、昭和に何度も崖崩れが起きて
東海道線が呑み込まれた事もある、難所なのだとか

READ MORE▼

2017.04.11 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325101858a2.jpg

17032510185
雲が富士山を包み始めています

天気予報では、午後から曇り・・・その分、早く出発しておいて良かったです

もし、ここまで来て、富士の姿を見る事が出来なかったら
ショックが大きかった筈・・・

READ MORE▼

2017.04.09 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325100652a2.jpg
170325100652
静岡市清水区の「薩た峠(さったとうげ)」
西側の興津駅から東側の由比駅へ向かっています

足下を「東名高速道」が海上を通過しているシーンを「薩た峠」と
よく紹介されているのですが、その場所はもう少し先の方です

でも、この場所にも「薩た峠」の看板が出ているし・・・
どちらなのでしょうね?

READ MORE▼

2017.04.08 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325095657a2.jpg
170325095657
途中にあった「右折」の矢印・・・
その標識の前を右へ進んだのですが、どうも様子がおかしい

もしかしたら、少しまっすぐ行き、右に曲がる・・・だったのかも

で、そのまま進んできた散策路らしくない道は
周囲のみかん畑への農道だったようです


READ MORE▼

2017.04.07 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「富士を見に」のトップ記事は
こちら

170325092515a2.jpg
170325092515
東海道本線「興津」駅
ここから1駅・・・隣の「由比」駅まで歩きます

歩き出す前に・・・まずはトイレ
山道に入ってから催したらヤバいし

以前、山梨市駅からの散策途中、急にお腹の調子が悪くなり
1km近くトイレを探した事があって、冷や汗ものでした

なので、ちょっと不安を感じたら、先にいくようにしているのですが・・・
改札を出たら、トイレが無いんですよね

確か、ホームにはあった・・・
で、駅員さんに言って、トイレを貸してもらおうと思ったら
窓口にはカーテンが降ろされていて、不在の様子
改札は自動改札なので、勝手に入れないし・・・
(後で調べたら、この駅は業務委託駅で、1日4回ほど窓口を
閉鎖するそうです。朝は9時10~35分で丁度、その時間でした)

で、駅前に出ると、コンビニへの道順の看板が・・・

READ MORE▼

2017.04.05