サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514122758a2.jpg
170514122758
黒部ダム展望台から黒部湖を見下ろしています

気温は多分、一桁なのでしょうが、快晴の空からの陽射しと220段の階段上りのお蔭で
用意していた耐寒服は全て脱いで、東京で過ごしていた装いに・・・。

これで黒部ダム界隈はさらっと巡った訳ですが
ここの出発は13時35分・・・まだ1時間以上残っています

まずは、お昼ご飯を食べる事にします

READ MORE▼

スポンサーサイト

2017.06.15 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514115822a2.jpg
170514115822
「黒部ダム」堤頂から見る「黒部湖」です

黒部湖の総貯水量は、約2億m3・・・20万トン以上積める
超大型タンカー1000隻分の量に匹敵するそうです

上流奥に見える雪山は「赤牛岳」(2864m)、その右の雪山は「木挽山(こびきやま」(2301m)
その山稜の間の谷下に黒部川の「上の廊下」と呼ばれる、
上級者だけが足を入れる事が出来る渓谷が伸びているそうです

奥の廊下、上の廊下、下の廊下・・・よく番組にも取り上げられる絶景地ですね
断崖絶壁で、TV画面を見てるだけですくんでしまいそう

READ MORE▼

2017.06.14 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514114822a2.jpg

170514114822
地下を走る「黒部ケーブルカー」の「黒部湖」駅改札口から
トンネルを600m(公式サイト上の道のりですが、もっと短い気がしました
歩いて出た所が「黒部ダム」の突堤(堤頂)脇です

このダム水を利用した発電所が「黒部川第四発電所」なので
「黒四ダム」と呼ばれていました・・・私の世代だと、この名前の方が馴染がありますね

READ MORE▼

2017.06.13 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514111135a2.jpg
170514111135
標高1828mの「黒部平」

北東の方角には、日本百名山のひとつ「鹿島槍ヶ岳」(2889m)の姿が見えています

「立山」駅~「美女平」駅~「室堂」駅と「立山連峰」の西側を進み
「立山トロリーバス」で立山頂上直下を通過
「大観峰」駅~「黒部平」駅と、「立山連峰」の東側に来ています

この後、正面に見える「後立山連峰」(飛騨山脈)を抜けて、長野県側に入って行きます

READ MORE▼

2017.06.10 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514104710a2.jpg

170514104710
麓駅からロープウェイが到着します
大勢の人が待っている所がホームですが、ゴンドラは地下1階の位置

普段見る、ロープウェイの駅には直前にロープを支える支柱があって、
ゴンドラは目線の高さで入ってくるのですが
この「立山ロープウェイ」は中間部に支柱が無くて
潜水艦が浮上してくるように、ホームに上がってきます

その分、ホーム下の空間が広く取られていますね
間際に立って下を覗くと恐々・・・

READ MORE▼

2017.06.09 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514095510a2.jpg
170514095510
「立山黒部アルペンルート」の拠点ターミナル「室堂」

「立山高原バス」と「立山トロリーバス」路線が乗り入れています

室堂に至る「立山有料道路」はマイカー乗り入れ禁止のため、
ターミナル前駐車場は路線バス、観光バス、許可車両等が
10台程度駐車しているだけで、まだ大分空いています

一方、「立山トロリーバス」は全線トンネル内の走行で
ここから様子を見る事が出来ません

READ MORE▼

2017.06.08 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514093419a2.jpg
170514093419
知らない内に開場時刻が早まっていました

「みくりが池」周回コースを廻って、オンタイムの9時半ちょっと前に戻り
駅案内所で「雪の大谷」への出入口を尋ねたところ・・・

「本日は早まりました。もう歩けます」と。

ターミナルを出て、「雪の大谷」に続く道には既に多くの人が・・・
既に見終わって戻って来る人たちも居ます

何時にオープンしたの?

少しでも人が少ないシーンを見たかったのですが
もうこんな感じです

READ MORE▼

2017.06.07 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514090753a2.jpg
170514090753
室堂ターミナルから見て、みくりが池の対岸側・・・
散策路に人が集まっています

皆さんがカメラやスマホをかざしている、その先に・・・「雷鳥」

多くの人が歩いている道から、ホンの1mほどの岩の上です
人を恐れる事なく、ひなたぼっこ?中

READ MORE▼

2017.06.06 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514084623a2.jpg
170514084623
立山・室堂平を歩いています
一面の雪景色ですが、寒さは感じません・・・逆に着込みすぎたか、汗ばんでいます

登山?山スキー?の一行が向かっているのは、
「浄土山」(右:2831m)か「雄山」(左:3003m)でしょうか?

まずは両山の鞍部(山と山の間の低い部分)の「一ノ越」(2705m)へ・・・?
その鞍部に縦の細い筋が見えていますが、登山者たちの足跡です

READ MORE▼

2017.06.05 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

170514082444a2.jpg
170514082444
屋外の駐車場は空いていたのですが、室堂ターミナルの中は大混雑・・・
まだ朝の8時半前なのに、2450m地点にこれ程の人が居るって

この室堂では、約1時間半のフリータイム
集合時刻は10時です
ただ、お目当ての「雪の大谷」は9時30分オープンで、まだ小一時間あります

約1時間かかる「みくりが池」周遊をするかどうか、迷いながら・・・
バスホームのある1階から階段で3階へ上がり、屋外へ。

READ MORE▼

2017.06.03