続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130720072745.jpg

13.07.20.07:27.45.
松本駅を発車して、北松本、島内、
島高松と過ぎると梓川を渡ります

遠くに見えるのは乗鞍岳(3026m)に連なる山並み


130720074710.jpg

13.07.20.07:47.10.

豊科駅を過ぎ、穂高駅付近からの「常念岳」
(確信は無いので、間違っていたらごめんなさい

標高2857m、日本百名山のひとつ、だそうです。

昨日、通った篠ノ井線の明科駅、大糸線の豊科駅・・・
他にも、蓼科・・・と「科」が付く地名が多い気がします。
由来は、何なのでしょう


130720075455.jpg

13.07.20.07:54.55.

安曇追分駅を過ぎて・・・

正面に燕岳(つばくろだけ)標高2763m・・・だと思います
その手前右の、頂上が台形状になった、有明山2268m

形が富士山に似ているので、信濃富士(有明富士)とも
呼ばれているそうです

READ MORE▼

スポンサーサイト

2013.07.31 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



2013年7月20日


mtmt-nsn.jpg
松本(地図下端右)から北上、信濃大町へ向います。
往路、左側の車窓には北アルプスの山並みが広がる・・・筈です


130720064201.jpg

13.07.20.06:42.01.

ホテルの無料朝食

バイキング式です。
パンも有りますが、腹持ちの良いご飯を
久しぶりにまともな食事をした気がします

130720065841.jpg

13.07.20.06:58.41.

10階の部屋からの眺め

向かいの建物の1階が松本バスターミナル
殆どの路線バスと高速バスが発着します

そろそろ、出発

READ MORE▼

2013.07.31 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719162447a2.jpg

13.07.19.16:24.47.
松本駅アルプス口3階コンコースからの眺めです

北アルプスが見えます
正面の山容が谷状に見える辺りを
入って行き、上高地や飛騨高山へ


130719162602a2.jpg

13.07.19.16:26.02.

松本駅コンコース

2007年に駅舎・駅前広場の改良が
行なわれたそうで、とても綺麗です


130719162722a2.jpg

13.07.19.16:27.22.

松本駅お城口

アルプス口と逆側・・・メインのバスターミナルがあります
松本城などへの出口なので、賑わっています


130719162751a2.jpg
13.07.19.16:27.51.
駅前広場

空が高いです
正面のベージュの建物の左隣が今夜、宿泊する
エースイン松本。駅から至近なので2度目の利用です


130719163010a2.jpg

13.07.19.16:30.10.
駅から1分で到着

READ MORE▼

2013.07.31 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719154501a2.jpg

13.07.19.15:45.01.
「姨捨駅」の次が「冠着駅」

姨捨駅の標高が547m、この冠着駅は676m
更に130mほど、登ってきました
「おばすて」、「かむりき」・・・どちらも難読駅ですね
同じ山の山名(冠着山)と別名(姨捨山)が
駅名の由来と言うのも珍しい気がします


130719154912a2.jpg

13.07.19.15:49.12 .

次が「聖高原駅」(ひじりこうげん)

以前は麻績駅という名前(これも難読駅「おみ」)でした
周辺の「聖高原」が由来



130719155147a2.jpg

13.07.19.15:51.47.
聖高原の主峰は聖山(標高1447.1m)ですが、
電車は標高600m前後を走ります。
高原というよりは盆地状の車窓

田んぼの緑が綺麗です


obst-mtmt.jpg
姨捨(右上)から松本(左下)まで


130719155157a2.jpg

13.07.19.15:51.57.

車内は・・・割と空いています

READ MORE▼

2013.07.30 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719150525a2.jpg

13.07.19.15:05.25.
姨捨駅に滞在して1時間余り・・・少し退屈

前回訪れた際は、途中下車が出来る切符でしたので
駅周辺の棚田の散策が出来ました。

でも今回は途中下車の出来ない切符・・・
駅の外には出られません


130719150827a2.jpg

13.07.19.15:08.27.
久しぶりに電車が到着

中央線上諏訪駅発の松本行き普通電車
いっとき賑やかになるかな?と思いましたが
下車客は無しでした


130719150939a2.jpg

13.07.19.15:09.39.
発車。スイッチバックの引込線へバックします

運転手さんは前の運転台に移らずに
そのままバック運転のようです



130719151128a2.jpg

13.07.19.15:11.28.
一旦、引込線に入ってから出発

松本駅に向かって坂を駆け下りて行きます


130719152037a2.jpg

13.07.19.15:20.37.

松本の方から特急「ワイドビューしなの18号」が
坂を駆け上がってきました


130719152049a2.jpg

13.07.19.15:20.49.

通過電車はホームを通らず、そのまま走っていきます

「しなの18号」は松本を経由して、名古屋まで


READ MORE▼

2013.07.30 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719143508a2.jpg

13.07.19.14:35.08.
姨捨駅の駅舎です

とても良い雰囲気を醸し出してると思います


130719143635a2.jpg

13.07.19.14:36.35.

同じような風景写真ばかりですが・・・
雲の形、空の色が少しずつ変わっていて
飽きないですね


130719143902a2.jpg

13.07.19.14:39.02.

水分摂ったら行きたくなる・・・
事務室の女性にことわって、駅の外のトイレを拝借

したら、こんな綺麗なトイレでした

壁の板から、しっかりヒノキの香りが・・・・
(ヒノキ?杉?違っていたらごめんなさい)
それに、対人センサーのついた便器

そう利用者数は多くはないと思うのですが
感動しました


130719143938a2.jpg

13.07.19.14:39.38.
トイレ横にあった、駅周辺の案内図です

そうそう、ここは日本三大車窓の一つなのでした
北海道の狩勝峠、九州・肥薩線の矢岳駅付近と
この姨捨駅


130719144048a2.jpg

13.07.19.14:40.48.
向いのホームにも俳句の投稿箱が・・・

投稿箱の上に写っている黒い影は
レンズの埃ではありません

自由に飛び回っているツバメです
・・・もしかしたら、ツバメの駅長さんかもしれません

READ MORE▼

2013.07.30 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719141905a2.jpg

13.07.19.14:19.05.
姨捨駅の駅舎の中です

昔ながらの出札口と荷物取扱口があります。
が、現在、無人駅・・・
でも、地元の方?が観光案内や清掃等で事務室内に居られます


130719141915a2.jpg

13.07.19.14:19.15.
2010年にリニューアルされたので
とても綺麗です
一日数便、しなの鉄道屋代駅からの循環バスも来ます


130719141953a2.jpg

13.07.19.14:19.53.

駅舎のあちこちにツバメの巣

ツバメ駅長も居るそうですよ



130719142130a2.jpg

13.07.19.14:21.30.

姨捨駅の時刻表

停車する列車は片道17本
13本の特急と1本の快速が通過します



130719142337a2.jpg

13.07.19.14:23.37.
ベンチにおいてあるのは、私の荷物

姨捨駅で降りたのは私一人だったし、
駅には誰も居ませんし・・・問題なし


READ MORE▼

2013.07.29 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719140856a2.jpg

13.07.19.14:08.56.
長野行の電車(左)が到着

先に長野行が発車するので、松本行は4分停車


130719141003a2.jpg

13.07.19.14:10.03.

ホームからの眺め


130719141035a2.jpg

13.07.19.14:10.35.

ホームに立ってる名所案内
・・・このホームも名所にして良いと思うのですが


130719141158a2.jpg

13.07.19.14:11.58.

一旦、引き込み線にバックした長野行普通電車が
やってきました。
松本行普通電車も発車

READ MORE▼

2013.07.29 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719140021a2.jpg

13.07.19.14:00.21.

姨捨駅に向って登っていきます


130719140056a2.jpg

13.07.19.14:00.56.

青空が広がっています
姨捨を訪れて、こんな青空を見たのは初めて


130719140328a2.jpg
13.07.19.14:03.28.

この辺りで標高約490m
篠ノ井駅から140m程登ってきました


130719140351a2.jpg

13.07.19.14:03.51.

広がる長野盆地・・・善光寺平とも呼ばれています。
正面奥の方向に長野市があります

READ MORE▼

2013.07.29 
続きです

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます



130719133929a2.jpg

13.07.19.13:39.29.
バタバタしながらも、電車は長野駅を出発

何ですか?この下界の青空・・・


130719134438a2.jpg

13.07.19.13:44.38.
まもなく裾花川の鉄橋を渡ります

戸隠・鬼無里から流れてくる裾花川
街中では珍しい、エメラルドグリーンの色合い。


130719134608a2.jpg

13.07.19.13:46.08.

古戦場をイメージしちゃいますが
駅の廻りは新興住宅地

長野から松本方面の普通電車は1~2時間間隔
発車間際に乗車した電車・・・座れる訳がありません


130719135253a2.jpg

13.07.19.13:52.53.

路線名でもある「篠ノ井線」との分岐駅

現在は「しなの鉄道」になり、軽井沢止まりになってしまいましたが、
新幹線開通前は信越本線として
上野までの直通特急・急行が沢山、走っていました

高崎まで伸びていた「信越本線」は篠ノ井駅で一旦、立ち切れ。
碓氷峠を下った「横川駅」から「高崎駅」まで再び、復活?する
・・・2つに分かれた路線になっています。



130719135355a2.jpg

13.07.19.13:53.55.

左に分かれていく「しなの鉄道」

過去、数多く走っていた名残り・・・複線です

READ MORE▼

2013.07.28