131030230910a2.jpg
13.10.30.23:09.10.
都内の駅前広場

10月末なのに、もうクリスマスイルミネーション

早くありませんか?
11月だってイベントは有る筈でしょう?

祝祭日で言えば、文化の日、勤労感謝の日


・・・

ちょっと弱い?

つい先日まで猛暑だ、台風だ・・・と言っていたのに
街は、年の瀬の準備を始めているのですね

1年の経過が早いなと感じてしまいます


・・・

ああ、やだ、やだ

スポンサーサイト

2013.10.31 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

一の倉沢出合をあとにします

131019101756a2.jpg

13.10.19.10:17.56.

絶壁の眺望を期待していた
一の倉沢もダメでした

プランではゆっくり写真を撮る時間を取っておいたのに
・・・45分早く、出発


131019101931a2.jpg

13.10.19.10:19.31.

「魔の山」と言われている谷川岳・・・
これまで800人以上の遭難者が出ています

道脇にある岩壁には数多くの慰霊のレリーフに
家族や山仲間からのメッセージが記されています


131019101954a2.jpg

13.10.19.10:19.54.

レリーフの下に設けられた祭壇には
供花もされています

昨日?今日・・・つい最近、慰霊に訪れたのでしょう


131019102252a2.jpg

13.10.19.10:22.52.

一の倉沢出合から先は車両通行禁止

でも、国道です

一の倉沢までは多いですが、
その先に進む観光客は少ない様子

道幅も狭くなります
路肩の先は崖・・・


131019102542a2.jpg

13.10.19.10:25.42.

土合駅から5.4km歩いた事になるのですね

蓬峠までは歩いて4時間ほど・・・
峠を越えると新潟県です


131019102824.jpg

13.10.19.10:28.24.

ズームレンズで望んだ湯檜曽川

はるか下・・・

湯檜曽川沿いの新道へは一気に120m下る
急坂・・・登りたくはないですね

READ MORE▼

2013.10.31 
131030112626a2.jpg
13.10.30.11:26.26.
日替わりで変わる秋のお天気

今日も朝のうちは青空だったのに
お昼頃になると一面の雲

出発3日前の天気予報を信じて訪れた、先日の谷川岳
前日になって下り坂のお天気に急変

出かけるプランを立てるのもなかなか難しい時期ですね

谷川岳のリベンジって訳ではないけれど
紅葉の山を見てみたい・・・

来月最初の3連休か
第2週か・・・

週間予報をチェックしても当てにならないなら
日にちを決めて、行っちゃおうかって思ってます

行き先候補は・・・長野県・八ヶ岳が見える所
高原列車で有名な小海線に乗って
野辺山付近を散策しようか・・・と

READ MORE▼

2013.10.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

一の倉沢出合に着きます

131019101010a2.jpg
13.10.19.10:10.10.
岩壁が見えてきました

一の倉沢のようです
見えてるのは半分くらい?


131019101208a2.jpg

13.10.19.10:12.08.
対岸の白毛門は雲が薄まってきています

こちらも雲が切れてくれないかな・・・


131019101250a2.jpg

13.10.19.10:12.50.
一の倉沢出合です

案内看板の概念図だと
こんな感じなのですね


131019101329a2.jpg

13.10.19.10:13.29.
でも、見えるのはこれだけ

1/4も見えていない?

READ MORE▼

2013.10.30 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

マチガ沢に着きます

131019094559a2.jpg

13.10.19.09:45.59.

この辺りの標高は835m

土合駅から160mほど、
ロープーウェイ駅から90mほど登ってきました

案内看板に書かれているように、昔は宿が3軒ほどあったそうです
越後(新潟県)から山越えしてきた旅人が、宿の灯りを見て
「マチ(町)が見える」と発した事から名付けられたとか


131019094621a2.jpg

13.10.19.09:46.21.

樹林から上は、何も見えません

どんよりしているので色づき始めた葉も
さえません


131019094707a2.jpg

13.10.19.09:47.07.

沢が流れているので
「マチガ沢」で間違いではないのですが
憬れの絶壁はどこ?


131019094749a2.jpg

13.10.19.09:47.49.

対岸の白毛門の方は雲が切れてきた感じです

左には笠が岳(1852m)、更に奥には朝日岳(1945m)の
山並みが連なっている(そうです)

READ MORE▼

2013.10.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

まずはマチガ沢出合を目指します

131019092059a2.jpg

13.10.19.09:20.59.

ロープ―ウェイ土合口駅の近代的な建物を
過ぎた所に、この先の案内地図が・・・
白色の道は、一応、車が入れるようです

現在地の標高は750mなのに、その正面には
2000m弱の山々が迫っている
相当に急峻な崖って事が想像できます

見えれば・・・ですけどね

気を取り直して、歩きだします


131019092123a2.jpg

13.10.19.09:21.23.

山岳指導センターそばから一般車は通行禁止

専用の乗り合いタクシーは入れるので
足に不安な方も一の倉沢までは訪れる事が可能です

これから歩く散策路は、国道です
一の倉沢より先は、車が走れない国道です


131019092605a2.jpg

13.10.19.09:26.05.
歩きだして間もなく、ポツポツと小雨・・・
山は見えないし、紅葉もまだみたいだし

雨まで降りだして・・・この先、行く意味あるの?と
散策路に入って5分で自問自答

う~ん・・・ここまでの交通費かけてるし、
色づいた葉があったら、撮るしかない・・と1枚

なのに、ブレてます


131019092727a2.jpg

13.10.19.09:27.27.
少し行った所に標識が・・・
「西黒尾根登山口」と出ています

先ほどの周辺マップにも掲示されている
谷川岳への直登?ルートのようです

2人の登山される方が居て・・・
入念に装具のチェックと柔軟体操をされています

道標の後ろの石の連なり・・・これが登山道

どう見ても、崖にしか見えません

いきなり、この傾斜を登るって・・・私には到底無理と再認識


131019093338a2.jpg

13.10.19.09:33.38.
ずっと川のせせらぎが聞こえています

でも、はるか下・・・枝の合間に流れが見えるだけ

って言うか、紅葉を見に来たのに、新緑のような風景

READ MORE▼

2013.10.28 
131027111342a2.jpg
13.10.27.11:13.42.

先日、アップした飲み屋さんからのバースディプレゼントの
「アスパラガスの苗」

育て方を調べてみると、
深い鉢で夏以外は陽当たりの良い所で
・・・との事

深い鉢・・・手近に見つからず、
当座にと、大き目の鉢に植え替えました

毎年、植え替える品種らしいので
次回までに深い鉢を用意します



で、お店に置いてきた「もうひとつのプレゼント」の
「とっくり」

昨夜、お店に行ったので、撮ってきました

131026174654a2.jpg

13.10.26.17:46.54.

横の爪楊枝は、大きさ比較用です

正面には私の苗字が・・・
最初見た時、ホワイトマジックで?と思ったら
文字入れして焼き付けしたものだそうです


READ MORE▼

2013.10.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

歩き出します

131019085812a21.jpg
13.10.19.08:58.12.

当初の予定では、土合駅からロープーウェイ土合口駅まで
バスを利用するつもりでしたが、土合駅で下車された方達
皆さん、歩いて向かってる・・・

バスで7分かかる距離だけど
バスの到着まで15分ほどあるし・・・歩いた方が早いのかな?


結局、歩く事にしました

トンネルの右上の方に国道のスノーシェッドが見えます
結構、登るぞお・・・


131019085832a21.jpg
13.10.19.08:58.32.

上越線上り線の踏切を渡ります。

湯桧曽川の鉄橋の先に見える
・・・清水トンネルです(長さ9702m)

上越線が単線時代、「国境の長いトンネル」
(川端康成氏:雪国)と執筆されたのが、この清水トンネル


131019090250a21.jpg
13.10.19.09:02.50.

湯桧曽川にかかる土合橋を渡ります

葉陰の先に見えるのがロープーウェイの駅っぽい
結構、高い所にあるなあ・・・


131019090325a21.jpg
13.10.19.09:03.25.

橋を渡った所で分岐道が・・・蓬峠(よもぎとうげ)への新道

蓬峠は新潟県との県境で、ここから4時間半程の行程だとか
・・・新道は湯桧曽川沿いに遡って行くコース。

一方、旧道は、これから歩く道・・・やや高い所を歩きます。
旧道の方が若干、道のりが長くなるようです


131019090523a21.jpg
13.10.19.09:05.23.

ヘアピンカーブを曲がると、
歩き出した、土合駅が見えてきました

READ MORE▼

2013.10.27 
131026145741a2.jpg
13.10.26.14:57.41.
TV放映が1991年(平成3年)って事は
22年も経つんですね・・・

READ MORE▼

2013.10.26 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます
「上越国境の散策」のトップ記事はこちら

上越線土合(どあい)駅です

131019084807a2.jpg

13.10.19.08:48.07.

下りホームに向かう通路にある展望?スペースから
上り線のホームを見ることが出来ます

割と広い構内です
手前にポイント装置が残っています
手前にももう一本、線路が敷かれていたのでしょうね


131019084905a2.jpg

13.10.19.08:49.05.

上り線ホームに上がってみました

正面方向の山々を越えると新潟県です
赤い三角屋根が土合駅駅舎


131019085053a2.jpg

13.10.19.08:50.53.

上越線土合駅の駅舎

三角屋根が特徴・・・豪雪への対応になっているのかも

昔は、谷川岳への登山客で賑わっていたのでしょう
今は、電車の本数が激減してしまったので、
バスやマイカーで来る人が多いのかも
(1時間に1本、水上駅からのバスが運行中)

READ MORE▼

2013.10.26