サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

姨捨駅の駅舎の中です

140207165211a2.jpg

14.02.07.16:52.11.
標高551mの「姨捨」駅の駅舎は
2010年にリニューアル

綺麗な駅になっています

この駅を訪れるのは、かれこれ4回目でしょうか・・・。
景色も良いですが、趣きもあって、好きな場所です

この「姨捨」駅は無人駅ですが、
昼間は地元の方が管理されています。

2012年の訪問時、棚田を巡る際、重たいバッグをどうしようかと
思案してお尋ねしたら、「事務室で預かるよ」って・・・
親切に、預かって頂きました

READ MORE▼

スポンサーサイト

2014.02.28 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

姨捨駅にいます

140207164127a2.jpg

14.02.07.16:41.27.
姨捨駅のホームからの眺望です

ほぼ真北の方向にみえるのが「飯縄山(いいづなやま)1917m」
「北信五岳(戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山と)」のひとつで
火山だそうです。山名は「飯縄」、観光名は「飯綱」にしているとか・・・
そう言えば、戸隠を訪れた際、飯綱高原って名前のバス停を通ったっけ

他所の者には、観光パンフ等で見かける
「飯綱」の方が馴染みがある気がします

READ MORE▼

2014.02.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

姨捨駅に到着です

140207163417a2.jpg

14.02.07.16:34.17.
16:33、「姨捨」駅(標高545m)に到着しました

標高358mの稲荷山駅から187m登ってきています
ビルの高さなら53階分

見晴らしが良いに決まっています

駅ホームはその眺望を楽しめるように
工夫されています

「展望案内図」が設置され、ベンチは
線路側ではなく、眺望側を向いています
2010年にはホームに展望台も設置されました

でも、降りた乗客は、私ひとり

READ MORE▼

2014.02.26 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

再び、電車に乗ります

140207155626a2.jpg

14.02.07.15:56.26.
ホテルで1時間半ほど、ひと休み後・・・
16:05発「甲府」行き普通電車に乗車です
「姨捨」からの夜景を見に行きます

事前に調べた「日の入り」の時間は17:30頃
この電車だろ「姨捨」駅の到着は16:37
ちょっと早いのですが、この次の電車だと17:45
・・・1時間8分後で間に合いません

学校が終わって、通学客が多い時間帯・・・
さすがに空席はありません
「姨捨」駅までは38分なので大した事はありません

READ MORE▼

2014.02.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

長野へ向かいます

140207142744a2.jpg

14.02.07.14:27.44.

信越本線の電車は「牟礼」駅(標高490m)を
出て、長野へ下っていきます

右に左にカーブ・・・窓からは志賀高原方面の山並みが
前に見えたり、左に見えたり・・・。

遠くに見えた、白雪が目立つ山が、とても気になります

個人的には、新潟・長野県境の「苗場山」か、
その手前に位置する「岩菅山」の気がするのですが
確証がもてません

で、「知恵袋」に投稿してみたところ・・・
「苗場山ではなく、岩菅山2295m(左)から
烏帽子岳2230m(右)の連なり」・・・と
回答を戴きました

READ MORE▼

2014.02.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「妙高高原」駅です

140207140213a2.jpg

14.02.07.14:02.13.
「妙高高原」駅(標高509m)に到着しました

薄日が差してきています

駅の東側・・・一面、雪の原ですが
上に架線が張られているので線路がある筈

かつては、在来線特急の「あさま」や「白山」等
全ての列車が停車する駅でしたが、ほくほく線開通、
長野新幹線開業後、優等列車は無くなりました
広い構内ももてあまし気味?

READ MORE▼

2014.02.23 
140222110124a2.jpg
14.02.22.11:01.24.
あれよあれよ・・・という間に
7つの花をつけた「ミニ胡蝶蘭」

今日は暖かい陽射しなので
外で日光浴です

READ MORE▼

2014.02.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

二本木駅を発車しました

140207134758a2.jpg

14.02.07.13:47.58.
信越本線、「二本木」駅(標高183m)を発車しました

踏切が見えます・・・が
柵の上部が見えるだけで、雪に埋まってる~

で、パイプが張られています
冬期は、この踏切は閉鎖?

この踏切に至る道も雪で全く判らない状況・・・
人(車も)の行き来も全くないのですね

READ MORE▼

2014.02.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

直江津駅を出発します

140207125729a2.jpg

14.02.07.12:57.29.
13:11発、信越本線、普通「長野」行き

「長野」駅まで75km、1時間36分の旅です

信越本線、長野-直江津間は国内でも
名だたる豪雪地帯・・・途中にある「関山」駅は
山岳以外での世界一の「1日の降雪量」210cmを
記録したそうです(非公式)by Wiki

長野から到着した電車(右)の車体には
雪が残っています・・・積雪の中を走ってきたのでしょうね

READ MORE▼

2014.02.21 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「雪見の旅」のトップ記事はこちら

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「直江津」駅です

140207120428a2.jpg

14.02.07.12:04.28.
直江津まで着たならば、是非、日本海が見たい

それも荒々しい風景が・・・と思い
プランを立てる際、いくつかの候補を考えました

ただ、基本的に「歩いて」の方法しかないので
駅のホームから見える所と・・・

「青海川」駅
犀潟駅から北の方角、柏崎市の近く。
昔、TVドラマでも登場した、日本海を間近に望める駅です
(個人様のサイトから)

ほくほく線で「犀潟」駅に11:53に到着
12:25発、信越本線「長岡」行きに乗車すると
「青海川」駅に13:00に到着

それほど悪くは無い接続です
しかし、折り返しの電車が13:03発
 海を見る余裕もありません
その後の電車にすると、15:38分発・・・
2時間半も空いてしまい、長野の到着も18時半すぎ

長野では「姨捨」の夕景を見るつもりだったので
残念ながら、ボツに・・・

直江津の海を見る事にしました

READ MORE▼

2014.02.20