サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら

大谷公園へ向かいます
140913120528a2.jpg

14.09.13.12:05.28.
「大谷観音」前の駐車場奥の岩盤に
不自然なコンクリートの蓋がしてあります

採掘場の坑口だったのでしょうか
その上部を見てみると・・・尖った岩が見えています
あれが「平和観音像」のようです

あの蓋は平和観音像の内部への入り口・・・かな

READ MORE▼

スポンサーサイト

2014.09.30 
140928155526a2.jpg
14.09.28.15:55.26.
ネット注文をしていたミニ蘭が到着しました
「ハウエアラ ラバーバースト」という品種

「ラバー」は溶岩、「バースト」は爆発
そのイメージ通りの濃赤色の花ですが
御嶽山の噴火直後と言うのは・・・

READ MORE▼

2014.09.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら

大谷観音・・・です
140913114804a2.jpg

14.09.13.11:48.04.
大谷景観公園からのバス道を一旦、離れた所に
大きな構えの大谷寺、「仁王門」

正式には「天開山 大谷寺」
創建は奈良時代後期から平安時代初期を言われているとか

門の向かいには広い駐車場が完備され
門への石段も広げられたような跡が・・・
大勢の参拝客で賑わうお寺さんのようです

READ MORE▼

2014.09.28 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら

大谷資料館を出て、歩きます
140913113628a2.jpg

14.09.13.11:36.28.
バス通りへ向かう途中・・・
大谷石の岩肌があちこちに露出しています。

深い溝や丸みを帯びた表面の様子から
人の手で採掘された跡ではなさそう・・・

こんな、無造作に立っている岩の風景を
見ながら歩くのも面白いものです

この日、鹿沼のアメダス・・・11時30分の気温は25.4度
夏日です
室温12度の地下から這い出てきた身にとって、堪える暑さ・・・

READ MORE▼

2014.09.27 
140924122639a2.jpg
14.09.24.12:26.39.
今年4回目の「タヌキの皮算用」

先週から発売中の「オータムジャンボ」です
それとオマケに貰ったのが、キッチンで使う「スポンジ」
何ゆえ、スポンジがおまけ
スポンジで洗って、身を清めろ・・・てか

今シーズンのジャンボ・・・パック(10枚)を買えば必ず当たる
6等300円しか、当たらず・・・手にした当選金は2700円

とってもとっても効率が悪い「夢」となっております

READ MORE▼

2014.09.26 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


採掘場をあとにします
140913112605a2.jpg

14.09.13.11:26.05.
地下に降りて30分ほど経過・・・
12度という気温もあまり気になりませんでした
(元々、暑がりだから、この位が心地良いですね)

訪問したのが9月13日でしたが、
その1週間前の9月6~7日に「フェスタin大谷2014」が
開催されていたとか
普段、非公開の「教会ゾーン」を公開したそうです
(この記事の最後にそのシーンの動画をアップしました)

見てみたい思いもありましたが、大勢の見学客が訪れたとか・・・
ここは、個人的には、静かな雰囲気で歩きたい場所ですね
次回、訪れるとしたら朝一か閉館間際・・・でしょうか

READ MORE▼

2014.09.25 
140923162029a2.jpg
14.09.23.16:20.29.
狭い事から、猫の額と例えられますが
猫より狭い、ネズミの額ほどの庭

父が亡くなり、母が施設に入居した後の
両親宅の管理責任者は私だった訳ですが・・・

作業可能日の週末や祭日・・・
今年は雨だった日が多かった上に
たまに晴れると、あちこちに散策三昧

更に、何も無かった休養日でも、暑くて湿度が高いと
熱中症が危険・・・だとか

涼しくなった秋から清掃開始だった筈なのに
都内でデング熱騒ぎが勃発し

この庭には蚊がウヨウヨいるので危険・・・と
試合放棄状態でした

そこで、プロにお願いを・・・

READ MORE▼

2014.09.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


資料館の復路を巡ります
140913111236a2.jpg

14.09.13.11:12.36.
写真が掲示されているギャラリースペース

地下の大空間の下、部分的に灯りが設置されているので
屋外展示のような開放感を感じます

横のラインが入った石壁が、展示物にとてもしっくりとした感じ・・・。

室温12度ですが、あまり寒くは感じません
ほぼ閉ざされた空間で、無風だからでしょうか・・・
でも、他の見学者たちは殆どが長袖~
半袖のイデタチは浮いていたかも

READ MORE▼

2014.09.23 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


大谷石の地下採掘場跡を歩いています
140913110636a2.jpg

14.09.13.11:06.36.
地下空間の天井には壁のライトの光が届かず
なかなか見通す事が出来ませんが
壁面を照らしあてる箇所だけ、ぼんやりと浮かび上がってきます。

綺麗な平らな面になっているようです
最上部の辺りは手掘りだった筈・・・
この空間にまで広げるのに、何年かかったのでしょう

READ MORE▼

2014.09.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

地下空間での手持ち撮影で
お見苦しい写真があります


「鹿沼から宇都宮へ」のトップ記事はこちら


地下空間を巡ります
140913110149a2.jpg

14.09.13.11:01.49.
奥行きのある、大広場のような空間です

見学者の姿と比べると、その大きさが想像できるかと思います
この空間が掘ってできたものとは・・・凄いの一言

床にも光が反射して、明るさを増しているような・・・
濡れている事がプラスになっていますね

READ MORE▼

2014.09.21