141129172449a2.jpg
14.11.29.17:24.49.
前々日まで決められなかった京都行き

前日に発表された予報が「時々
自分の中でサインが出ました

前日になって
池袋の金券ショップで新幹線特急券を購入・・・片道13010円
(通勤途中のショップだと12900円なのだけど土曜はお休み)

このチケット、席を指定できるのだけど、朝の東京駅窓口は常に行列
・・・なので、手続きせずに、いつも自由席に座っちゃいます

普通に自由席特急券を買うと、片道13080円
池袋までの電車賃を加えると、逆ザヤです
只、万が一、出発前に中止する場合、チケットは来年3月まで有効。
普通に買った方は、払い戻しをする形
とは、言っても
現状では行く予定なので、結局、損・・・なのですが

READ MORE▼

スポンサーサイト

2014.11.30 
141127161921a2.jpg
14.11.27.16:19.21.
秋晴れの日もありますが
コロコロ、日替わりでお天気が変わります

先日の下栗への旅の2日めに組み込みたかったのが
京都の紅葉・・・でした
折角、名古屋まで行くのだから少し足を伸ばせば・・・。

ですが、如何せん、9日では紅葉がまだ
更に・・・当日は全国的に雨模様
結局、無理でした

CMでよく見る「そうだ 京都、行こう」
映されるシーンを見ると、一度は見てみたいものです

前からツイ友さんから情報を仕入れ
名古屋から帰った後も紅葉情報と天気予報を秘かにチェック
京都在住のブロ友さんから実際の紅葉情報を頂いたりして

で、京都市内の紅葉のピークをこの週末・・・と確信
と、なりました

土曜は雨模様、日曜は曇り時々晴れ(27日での予報)

READ MORE▼

2014.11.29 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

「下栗の里」を出発します
141108152316a2.jpg

14.11.08.15:23.16.
標高800~1100mにある「下栗の里」を下って行きます
谷底を流れる、秋葉街道沿いの「上村川」まで
約500mの標高差になります

先にジグザグ道が見えています
里の建物は、横に並ぶシーンが多いそうです・・・
急勾配の地なので、等高線に沿って
なるべく高低差を小さくする工夫なのだとか

READ MORE▼

2014.11.28 

サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「下栗へ」のトップ記事はこちら

半場の駐車場へ戻ります
141108150055a2.jpg

14.11.08.15:00.55.
「下栗の里」のビューポイント「おおぎびら展望台」です

15時を過ぎ、谷を隔てた向かい側の斜面には夕陽が当たっていますが
下栗の里の北側(手前側)は陽射しが途絶えてきています

その分、朝陽は「太陽が足下から昇る」と表現されるとか
・・・一度、見てみたいものです

バスの出発時刻は15時30分
まだ30分ありますが、この時間になっても続々と
見学客がやってきてて・・・狭い遊歩道でのすれ違いに手間取る
可能性もあるし、駐車場まで戻る事にします

READ MORE▼

2014.11.27 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「下栗へ」のトップ記事はこちら

下栗の里ビューポイントからの眺めです
141108145440a2.jpg

14.11.08.14:54.40.
案内板には「おおぎびら展望台」と紹介されています

「下栗の里」の集落は、最も低い位置近くにある
民宿「ひなた」が標高870mくらい
一方、バスが駐車した所(半場)の標高が1076m
集落の中で200mの標高差があります

この写真では判り難いですが・・・
中央付近で手前側にある「ヘアピンカーブ」が標高約950m地点
・・・集落のほぼ中間地点になるようです

この展望台から「下栗の里」まで直線距離で
約600mほどのよう(地図上で計測)

READ MORE▼

2014.11.26 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「下栗へ」のトップ記事はこちら

ビューポイントへ向かいます
141108143608a2.jpg

14.11.08.14:36.08.
「下栗の里」の駐車場から南アルプスを望みます
左端の高い峰が「聖岳」(3013m)、正面が「上河内岳」(2803m)
午後3時近くになって、陽も弱くなってきた感じです

これから約1時間の滞在時間の間に、ビューポイントを往復します

目の前の民家・・・すぐ近くなのに屋根の位置が低いです
相当、傾斜の厳しい所に建てられています

この「下栗の里」駐車場には宿泊施設や飲食店も併設されています
周囲を見渡してみると、この場所が
唯一、下栗で平坦なスペースが確保された所みたい
(元々、小学校の分校の跡地なのだそうです)

READ MORE▼

2014.11.25 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

車内からの撮影で窓ガラスの反射が
映り込んでいる写真があります

「下栗へ」のトップ記事はこちら

しらびそ高原を出発します
141108135140a2.jpg

14.11.08.13:51.40.
標高1920mのしらびそ高原

乗車してきたマイクロバスにも、ここまで連れてきてくれて、
有難う!お疲れさま!と言いたくなります

1時間20分の滞在時間があっという間に過ぎました
お天気が悪かったら長く感じたのでしょうが・・・・
良かった、良かった

この後、山を下って、メインの目的地「下栗の里」へ向かいます
午後になると山間部は雲が出やすくなりますが
まだ青空の方が広い感じ

READ MORE▼

2014.11.24 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「下栗へ」のトップ記事はこちら

しらびそ高原です
141108131541a2.jpg

14.11.08.13:15.41.
南アルプス側の展望台から見る「ハイランドしらびそ」
標高1920mの高原に赤い屋根が映えます

山上の一軒家ですが、公共の宿で料金もリーズナブル
一泊二食で9200円(大人)から
素泊まりで6100円(大人)から

泊らないとしても、嬉しい事に日帰り入浴も可能です
500円(大人)

交通アクセスは
車だと、中央道飯田ICから43km
鉄道利用だと、JR飯田駅から程野までバス60分
程野からタクシーで40分
片道13000円くらいだそうです

日帰り入浴のためだけだと、交通費がかかりすぎますね

今季の営業は既に終了(11月15日)、
来春まで雪に閉ざされた場所となります

READ MORE▼

2014.11.23 
141121104428a2.jpg
14.11.21.10:44.28.
いろいろオマケが付いてきたけど
欲しいのは
それも5等より上を・・・

グリーン、ドリーム、サマー、オータムと今年4回購入したジャンボ宝くじ
すべてビケの6等ばかり12枚

もし今回もビケだけと・・・
年間40500円の損失

パックなら北海道や九州1泊旅行が出来てたかも



今年最後のジャンボ宝くじ・・・
今回はジャンボの連番バラ1セットと
初めて、ミニジャンボを1セット購入

確率アップ狙いです

大金はいいから
せめて、プラマイ0にして欲しい・・・

2014.11.22 
サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
800×600サイズの写真が別に表示されます

「下栗へ」のトップ記事はこちら

しらびそ高原に到着しました
141108131140a2.jpg

14.11.08.13:11.40.
標高1918mに立つ「ハイランドしらびそ」・・・
レストランを備えた「公共の宿」
28室あり、88名を収容できるそうです

営業は4月上旬から11月中旬まで・・・
今シーズンの宿の営業は15日をもって終了したそうです
訪問した8日から5日後の13日には、一面の銀世界になったとか・・・
(リンク先の写真に見える小山が展望台です)

来年の春まで、5ヶ月間、雪に閉ざされた世界になります

READ MORE▼

2014.11.21