サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
半日避暑」のトップ記事はこちら
「大谷資料館」に着きました
150808084222a2.jpg

150808084222
バスの終点「立岩」から歩く事、約1100m
「大谷資料館」への分岐に着きました
正面の崖の付近は「大谷景観公園」として整備されています

「大谷資料館」の開館は9時からですが、ポツポツと歩いて向かう人の姿が見られます
ここから「資料館」入り口の施設まで400m、丁度良い時間です

空は曇っているように見えますが、予報によると「朝もや」となっています

150808084249a2.jpg
150808084249

その「大谷景観公園」に立つ、大谷石の重厚な建物
トイレです・・・これだけ立派なトイレはなかなかありません
が、ペーパーを補充しておいてほしいものです

150808084556a2.jpg

150808084556

公園に沿った「姿川」を渡って、資料館へ向かいます
振り返りってみると・・・
左側は「景観公園」の大谷石の崖、
右も大谷石の崖となっていますが、その内部に民家があります
車道には採掘した大きなトンネルを潜って出てくる構造です

150808084719a2.jpg

150808084719

「大谷資料館」の正門です
手前側は一般車両の駐車スペースですが、
この時間、駐車している車は一台もありません
歩いて向かう人(バス利用)が数人、居ただけですので、混雑は無さそう・・・

この入り口を入ると間もなく、辺りがヒヤッとしてきます

150808084853a2.jpg

150808084853

昔、採掘した大谷石を運んだであろう、旧型のトラックです
・・・一応、展示しているようです

この道に沿った斜面の所々に地下との搬出・搬入口や空気穴?が
開いていて、そこからかなり冷たい空気が流れ出ています
歩いてきた車道と比べ、5度は気温が違う気がします
蒸し暑い中を汗を拭き拭き歩いてきたのですが、その汗も引っ込んでしまいます

150808085310a2.jpg

150808085310
通路の終点を右折した所に、「地下坑内入口」と書かれた
「大谷資料館」の施設が建っています

手前側には土産物店+喫茶の施設とWC、オープンタイプのベンチがあります

150808085341a2.jpg

150808085341
採掘した坑道の中に自販機とベンチが並んでいます
こちらは天然?の屋根付きの休憩所です

150808085535a2.jpg

150808085535
「資料館」の建物に入ります
開館は9時からですが、ここはオープン・・・中で待つ事が出来ます
入場券(700円)の発売が9時からのようです

右奥のモニターでは、この施設で撮影されたPVを放映中
丁度、エンヤさんのビデオが放映されていました

150808085813a2.jpg

150808085813
地下への入口です
階段奥に繋がっているホース・・・
地下からの冷風が送られてきていて、この施設の冷房代わりになっています

開館まで、あと2分です

訪問日:2015年8月8日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.08.15 


Secret