サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
半日避暑」のトップ記事はこちら
大谷の地下を進みます
150808091158a2.jpg

150808091158
地下30mの大谷資料館・・・大谷石の採掘場跡です
坑内の気温は11度、外気との差は20度近く
手っ取り早い避暑にうってつけの場所です

坑内には色々な展示物が置かれています
ライトで照らされた華道家の假屋崎省吾さんの作品の影が壁面に映っています

150808091348a2.jpg
150808091348
巨大な柱が地下空間を支えています
採掘による紋様がライトで浮かび上がって、宮殿や古代文明を想像させてくれます

150808091633a2.jpg

150808091633
岩盤に残された跡で手掘りか機械掘りか区別できるそうです

150808091656a2.jpg

150808091656
壁面を照らすライトで、天井の位置がかすかに判ります
床面は常に湿っていますが、空気が冷えているので
湿度感を感じることはありません

150808091801a2.jpg

150808091801
假屋崎省吾さんの作品です

・・・芸術は難しい

150808092059a2.jpg

150808092059
赤いライトで機械掘りの跡が浮かび上がります

150808092205a2.jpg

150808092205
3本の杭のオブジェ・・・床面は水に覆われています

150808092415a2.jpg

150808092415
天井から入る光は自然光
前回、訪れた際は時刻が異なっていたためか
このように光が差し込む事はありませんでした

150808092454a2.jpg

150808092454

屋外との気温差が大きいのでしょう
「もや」がかかり、神秘的な雰囲気になっています

訪問日:2015年8月8日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2015.08.20 


Secret