サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
瓢箪から旅」のトップ記事はこちら
大正池への散策路です
150726084139a2.jpg

150726084139
8時41分、標高1500mの上高地の朝ですが
ず~~っと陽射しに当たっていると、さすがに暑く感じます
着ていた長袖のセーターを脱いで、半袖になって歩きます

前回訪れた2012年11月・・・梓川沿いの木々は橙色に紅葉した姿
山には新雪が積もっていました

150726084411a2.jpg
150726084411
8時44分、「焼岳」(2455m)の姿も次第と大きくなってきます
山腹に刻まれた谷筋は浸食もあるそうですが、
噴火時、火砕流の通り道でもあったそうです

150726084435a2.jpg

150726084435
透明な梓川・・・右から左へ流れています
左カーブ地点で、向こう岸側の流れが速く、水深も深くなっていて
川の色がよりエメラルドグリーンに近くなっています

150726084932a2.jpg

150726084932
8時49分、笹に覆われた樹林帯を進む散策路

薄暗い時間帯だと、こういう箇所はちょっと不安になります

150726085117a2.jpg

150726085117
8時51分、穂高連峰をバックに、梓川が右へ蛇行
・・・カーブ内側には河原が発達しています

西穂高岳の上空を航空機が飛行中
空からはどのように見えているのでしょうね

150726085648a2.jpg

150726085648
8時56分、「焼岳」が間近に見えますが、地図上で測ると
頂上まで直線で4kmあまり

150726085704a2.jpg

150726085704
8時57分、右岸側に施設が見えます
「上高地ルミエスタホテル」か「上高地温泉ホテル」
「ルミエスタホテル」と聞くと馴染みが無かったのですが
以前の「清水屋ホテル」と聞くと、判ります
この「ウェストン地区」の宿泊施設は、「帝国ホテル前」バス停から約8分の道のり

150726090243a2.jpg

150726090243
9時2分、梓川が2つの流れに分かれます
左岸側の流れには「田代橋」、右岸側の流れには「穂高橋」が架かります
こちらは「穂高橋」上からの眺めです

上高地で、梓川を渡れるのは、ここと河童橋と明神橋の3箇所のみです

150726090333a2.jpg

150726090333
9時3分、日陰が一切無い、「田代橋」のたもと
まだ9時を廻ったばかりですが、陽射しがかなり強烈
結構、汗をかいています

150726090458a2.jpg

150726090458

9時4分、「田代橋」のほとりからすぐ・・・
3週間ちょっと前に「ツキノワグマを目撃」した場所

「熊が出たぞ~」って言うのはこの場所だったのですね
昼間帯はかなりの人通りがある場所です

目撃時間は、「午前11時」・・・真っ昼間なのですね

tashiro.jpg
訪問日:2015年7月25~26日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.08.23 


Secret