サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
半日避暑」のトップ記事はこちら
見下ろす位置から・・・
150808095056a2.jpg

150808095056
栃木県・宇都宮市、「大谷資料館」の地下採掘場跡・・・
地底部の公開部分を巡り終えて、一旦、坑道入口方面に上ります
途中で左折して石段を上がると、広々とした「中二階」風のテラスに出ます。

スロープ、石段、地底部が見渡せる場所です
150808095159a2.jpg
150808095159

逆の坑道入口方面を見渡すと、こんな感じです
一番高い所のライトが地下空間への入口・・・
その先にある石段を上ると地上に出ます

開場時刻と比べて、見学客が次々に降りてきます

150808094732a2.jpg

150808094732

「中二階」のテラス・・・広いスペースとなっています
ギャラリー風に展示されているのは、
この資料館で撮影が行われた方々の写真
映画、TV、CM等々・・・リストはこちら

150808095145a2.jpg

150808095145
正面の柱下に陳列されているのは「ドンペリ」
この低温は、ワインの保存にも良さそう・・・

この地下空間の非公開部分に「結婚式場」があるそうです
撮影スケジュールと調整しながら、年に数回、特別公開されるとか
・・・近々では、2014年12月から2015年1月(延長)
その際は、イルミネーションも施されたそうです

150808095550a2.jpg

150808095550
ギャラリーフロアにぽっかりと空いた空間
記事頭の写真のように階下を望める展望?台です

150808095712a2.jpg

150808095712
非公開部分に立つオブジェ
この「中二階」からしか全体像を見る事が出来ない位置です

150808095904a2.jpg

150808095904
ライティングにより色彩が変わります

オブジェを近くに寄れない場所に配置って、考えていますよね

150808100005a2.jpg

150808100005
暗闇の先に地上からの光
外接部は人工的にカッティングされたような模様が見えます
採掘時の坑道入口の1つだったのでしょうか

150808100246a2.jpg

150808100246

大谷資料館の地上施設へ歩む道の途中に
厳重な格子戸で仕切られた坑道入口らしき穴がありました
それらの1つなのかもしれません

地上の猛暑から逃れて、避暑のつもりで長居する筈でしたが
僅か1時間の滞在で、心底冷えてきました

混み合ってきたし、そろそろ地上へ戻りたくなります

訪問日:2015年8月8日
つづく(全13回)

関連記事
スポンサーサイト

2015.08.27 


Secret