サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
高速に入ります
150926102453a2.jpg

150926102453
新宿高速バスターミナルを出発して、小淵沢へ向かいます

小淵沢と言えば、八ヶ岳高原を走る小海線の起点駅
初秋の高原を歩くプランを検討してみたのですが
列車の接続、滞在時間、それと工場見学の送迎バスの時刻等々
組み合わせる事が難しくて、結局、断念
(天気予報も芳しくなくて、絶景を望めない可能性が高い点も含めて)

結局、工場見学関連の時刻に合わせるプランとした為
ゆっくり目の出発となりました

150926103040a2.jpg
150926103040
甲州街道から、首都高に入りました

一番前の座席を指定したので、前方はよく見えます

高速バスの利用は久しぶり・・・です
って言うか、今まで乗車したのは2回だけ


150926103432a2.jpg

150926103432
土曜日の午前中・・・上り下り、どちらも混み合っています
停止する事はありませんが、時々、ノロノロ

初めての利用が、2009年
岐阜県の中津川からの帰路、夜行バスを利用


150926103808b2.jpg
150926103808
上高井戸で「中央自動車道」に入ります

遮音壁が高くて、付近の様子が全く判りませんね~

2度目が昨年1月
山梨県忍野八海からの帰り道、高速バスを利用


150926103929a2.jpg

150926103929
「名古屋まで369km」の掲示を見ると
「中央自動車道」を走っている事を再認識

愛知県の小牧ジャンクションまでの道のりは
東名も中央も殆ど違いは無いのだそうです
(東名の方が4kmだけ短いそうです)

150926110410a2.jpg

150926110410
八王子の料金所を過ぎると、山が近くなってきました

これまで2回の高速バス・・・
いずれも中央道で夜道の走行でした

今回も同じく中央道ですが、昼間の乗車
車窓を楽しめそうです


150926111032a2.jpg

150926111032
中央線の電車だと、高尾駅を過ぎると山の上に見えてくる複雑な立体交差
「圏央道」との接続地点、「八王子ジャンクション」です

こんな山の中腹、崖の上によく建設したものです

150926111253a2.jpg

150926111253
高尾山と景信山の途中にある「小仏峠」
・・・その下を抜ける「小仏トンネル」

県境となるトンネルを抜けると、山梨県
・・・と思いがちですが、実際は神奈川県

150926111629a2.jpg

150926111629
お天気が良ければ、すぐに判るのですが、「相模湖」です

昼間に乗車して判ったのは・・・
遮音壁が連続していて、意外と車窓が楽しめないものなのですね
座席が高い位置のバスでも見づらいのだから、普通の乗用車では
横の風景は殆ど無理そう・・・


150926112703a2.jpg

150926112703
「東名道」でも見かけた事がある「左ルート」と「右ルート」

新たに道を建設して、以前、逆向きだった道を同じ方向に変更した?
・・・鉄道で言うと、複々線化みたいな感じでしょうか?

この高速バスは「右ルート」を選択・・・理由が何かあるのかな?
それとも運転手さんのその日の気分?

150926113344a2.jpg

150926113344
「河口湖」方面と分岐します

崖の上に見える道・・・上り線かと思ったら国道139号だそうです
東京都の奥多摩湖から富士山の麓・朝霧高原を抜けて静岡県富士市に至る国道
富士山界隈では、何度か通った道ですが、奥多摩へ抜けるとは知りませんでした

で、上り線は・・・右の山の中をトンネルで通過しているそうです

150926113427a2.jpg

150926113427
桂川(相模川)が河岸段丘で深い谷を作っています
その谷の向こう側は、大月市の市街地のようです

乗り慣れた中央線からの車窓なら、大体、判るのですが
高速道からの車窓だと、どの辺りなのかよく判りませんね~

150926114224a2.jpg

150926114224
狭い谷が狭まってきます

その谷底を走る中央線を、貨物列車が走行中
標高358mの大月駅から200m以上、高い地点・・・
上り列車は下り坂で楽ですが、下り列車は連続した登り坂
昔、スイッチバック方式だった駅が続いています

150926114325a2.jpg

150926114325
更に谷が狭まった所に駅が見えます・・・「笹子」駅(標高617m)です

丁度、特急電車が通過中
時刻から、多分、「かいじ103」号甲府行き
それなりの速度なのでしょうが、上から見るとノロノロと走っているように見えます

150926114331a2.jpg

150926114331
中央線の線路が近づいてきます

この後、アンダークロス気味に交わって、中央線は笹子トンネル(4656m)へ

150926114412a2.jpg

150926114412
中央道も「笹子トンネル」(4717m)に入ります

ちょっと緊張

150926114610a2.jpg

150926114610
「笹子トンネル」と言えば、2012年12月に起きた「天井板落下事故」
トンネル内の天井板が落下し、走行中の車輌が下敷きとなり
9名が亡くなった事故です
事故が起きたのは上り線ですが、その後、天井板を除去
丸いトンネル壁がむき出し状態となっています

この下り線では、今年9月6日からトンネル壁に残っていた
天井板の支え部分の撤去と照明の交換工事が始まったとか・・・。

150926114749a2.jpg

150926114749
約4分弱で、笹子トンネルを抜けます

この笹子峠がピークで、この後、甲府盆地へ下って行きます


訪問日:2015年9月26日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.10.02 


Secret