サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
小淵沢を歩いています
150926131707a2.jpg

150926131707
JR「小淵沢」駅から発車した、2両編成のディーゼルカーが
180度の大カーブした突堤を駆け上がっていきます

この車両・・・屋根上の冷房装置の横に蓄電池を搭載。
ディーゼルエンジンで発電した電気と蓄えた電気でモーターを
駆動して、走る「ハイブリッドカー」です

突堤下の道にカメラマンがひとり・・・
人気のある場所ですが、お天気のせいか、撮りに来た人は3人きりでした

201204151206222a2.jpg
1204151206222
2012年4月の訪問時・・・突堤の外側ポイントから
背後は八ヶ岳

150926131720a2.jpg

150926131720
今回、山は雲の中でした
この方角は、「甲斐駒ヶ岳」(2967m)

黄金色をした稲穂が美しいですね~

150926131913a2.jpg

150926131913
大きくカーブした突堤上を小海線は走っています
写真左が、小淵沢方面、右が清里方面になります

この方角には「八ヶ岳」が見える筈

次の「小淵沢」駅発の小海線は1時間46分後
反対方向の上り列車は、1時間3分後にやってきます
・・・撮りに来る人も待ち時間が長くて大変です

でも、この後、「小淵沢」駅発14時5分のバスに乗ります
・・・残り45分、適度に急がないと

150926132108a2.jpg

150926132108
踏切まで戻ってきました(後の地図のB地点)

小淵沢駅まで真っ直ぐ向かう道は無くて、一旦、高速バスのバス停前に戻ります
ここから、駅まで約2km・・・ちょっと気が焦ります

150926132950a2.jpg

150926132950
10分弱で、中央道の「小淵沢」バス停前を通って右折ポイントへ(地図のD地点)

ここに来て、東側に青空が広がってきました

150926133300a2.jpg

150926133300
田んぼ沿いに坂道を下ります

コスモスの花も陽射しの下で見たかったですね

150926133449a2.jpg

150926133449
ススキの先にカカシが・・・

150926133632a2.jpg

150926133632
線路をオーバークロスします(地図のE地点)

左の複線が中央本線・・・この先、茅野、塩尻、松本へと伸びています
右の単線が小海線の線路・・・この先、大カーブして180度の方向転換をして
日本の鉄道で一番、標高の高いポイント(1375m)へ向かいます
ここから更に475mほど、登っていきます

150926133701a2.jpg

150926133701
箸の上から「小淵沢」駅が見えます・・・ホームまで200m位?

バスの出発時刻まで28分、もう余裕です

150926134057a2.jpg

150926134057
駅前通りに出ましたが・・・

駅舎は一番奥でした
道のり、300m伸びました

手前側は何か、工事中ですね
駅舎の新設と駅前広場の整備のようです
ホームへの階段も新しく設けている様子です

koumi.jpg
訪問日:2015年9月26日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.10.10 


Secret