サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁1。」のトップ記事はこちら
釜めしを食べました・・・で、
150919132851a2.jpg

150919132851
JR横川駅近くの「おぎのや横川店」を出て
国道18号を碓氷峠方面に歩いています

国道右側に広がるのが「碓氷峠鉄道文化村」です

信越本線の横川-軽井沢間が廃止となって
1999年に開業した鉄道テーマパークです

30両以上の車両が展示されていますが、屋外展示・・・
時の経過と共に、塗装がはがれたり、車体が傷んだりした車両が目立ちます

右側のEF80型交直流電気機関車は元々はローズピンクの
車体色だったのですが、白っぽく色褪せてしまっています
他に青色の客車も錆が目立ったり、雨だれの痕が残ったり・・・。

折角、集めてきたのだから、屋内展示が理想ですが
せめて、屋根が欲しかったです

150919132910a2.jpg
150919132910
左下を「碓氷川」が流れています
奥の方に見えるのは「中尾山」でしょうか

手前側に吊り橋、奥の方にコンクリート橋?がかかっています

これから、あの吊り橋を渡って、左側の山中に入る予定
・・・結構、緑深いですし、上部の方には断崖が見えますね

150919133150a2.jpg

150919133150
旧信越本線の線路を電気機関車が停車中・・・
碓氷峠を越えるために使用された専用の機関車です

先ほどまで聞こえていたブロワー音(送風機の音)が途絶えました
よく見ると、運転台の前扉が開き、パンタグラフが下がっています

現在、ここでは運転体験が出来ます
恐らく、指導員の指導で、運転準備中・・・パンタグラフを上げる所から
始めているのかもしれません

150919133248a2.jpg

150919133248
国道18号の旧道は、緩やかにカーブをした高架橋になっています
左の山並みが「御岳」(963m)でしょうか
右は「西大星」に連なる山並み・・・
どちらも見た目には緑深い山ですが、上級者向けの山・・・だそうです

今回、向かっているのはその山の間・・・
それでも結構、ヤバいそうです

150919133445a2.jpg

150919133445
白い柵の先の歩道のコンクリ壁に「霧積隧道」という銘板が・・・
その訳は、次の写真で・・・

ところで「霧積」と聞くと、あの映画を思い出します
森村誠一氏の「人間の証明」
映画では、亡き松田優作さんも出ていた・・・

「西条八十」氏の詩の一節が評判になりましたね

「母さん、僕のあの帽子どうしたでせうね」で始まり
「碓氷峠から霧積へ行くみちで渓谷へ落としたあの麦藁帽子ですよ続く
詩に出てきた「霧積」という場所
映画の中で、外人だと「キスミー」って聞こえる地名も、
何か山深い秘境っぽくて、印象深かったですね

150919133458a2.jpg

150919133458
先程の「霧積隧道」の銘板がある反対側・・・
崖側を見ると、下が車道になっています

国道18号の新道(碓氷バイパス)がアンダークロス
・・・旧道が丁度、トンネル入り口上部を横切っていて
銘板を取り付けられなかったから?

向こう側に見える高架橋は、今、歩いてきた道・・・。

150919133531a2.jpg

150919133531
旧道が分岐しています

右カーブが旧道です・・・で、左が「碓氷バイパス」へ
県道92号って、なっていますが

「碓氷バイパス」って先ほど、アンダークロスしてトンネルになっていた道

結論として、先ほどのトンネルを抜けた地点で合流する道のようです

で、その分岐にある看板の下に出ている「麻苧の滝

最初、コレ、何て読むの?
全く判りませんでした

皆さん、読めますか?

150919133605a2.jpg

150919133605
その県道92号を30mほど進むと、再び、分岐点

「麻苧の滝 自然公園」入口の標識が・・・
正解は「あさおのたき」です

当初、「苧」が「芋」に似てたので、「あさいもの滝」と読んでました
朝採りのイモかい!!?って一瞬、思ったり

150919133704a2.jpg

150919133704
ちょっとした下り坂を下り(帰路がキツそう!!)きて、碓氷川の河原に出てきました

「麻苧の滝 自然公園」という立派な石碑が立っています
整備されている感じですね

ただ、少し気になるのが・・・
峠の釜めしを食べた「おぎのや」さんを出た後、
国道沿いにあるガソリンスタンドの従業員さんを見てから
1人も歩いている人を見ていない事

車の往来は勿論、ありましたが、この立派な石碑のある公園へ
来る人って居ないのでしょうか?

150919133741a2.jpg

150919133741
入り口となる「吊り橋」の脇に案内図

こうして見ると、結構、有名な公園なのかも・・・
事前に調べた情報では、
滝が幾つか続いているけど、上部の方は少し危険なのだそうです
(少しではなく、かなり・・・
なので、とりあえず、行ける範囲だけにして、
危なっぽい雰囲気になったら、さっさと戻る予定
精々、1時間程の滞在を予定しています

yokokawa2015a.jpg

今日、ひとつ歳をとってしまいました
訪問日:2015年9月19日
つづく(全16回)
関連記事
スポンサーサイト

2015.10.17 


Secret