サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
「白州蒸留所」内を巡ります
150926144755a2.jpg

150926144755
山梨県北杜市にある「サントリー白州蒸留所」
ガイドツアー開始前に、敷地内を巡っています

特徴ある屋根の形・・・「ウィスキー博物館」だそうです
ガイドツアーの受付もこの建物内で行われます

150926144819a2.jpg
150926144819
入口脇の銘板
京都、山崎にある日本のウィスキー発祥の蒸留所に立っていた「双頭の乾燥塔(キルン)」
このウィスキー博物館の建物は、そのキルンを復元した・・・のだそうです

150926145109a2.jpg

150926145109
3階まである展示室には、ウィスキーの歴史や蒸留技術の
紹介や道具、器具が展示されていますが・・・
目がいってしまうのは、自分が飲んだ事のあるお酒たち

まずは「赤玉ポートワイン」
1907年(明治40年)、寿屋洋酒店(現:サントリー)から発売・・・だそうです
甘くて飲みやすいのが特徴
勿論、明治時代に飲んだ訳ではなく、昭和時代にです

アルコールが含まれていたので、未成年禁止ですが、クリスマスとか何か
お祝いの時、おちょこで一杯だけ飲ませて貰った記憶があります

150926145118a2.jpg

150926145118
大正時代に作られた「赤玉ポートワイン」の広告

今なら何ともない姿ですが、当時は衝撃的なヌード広告、だったそうです
このポスターが評判となって、売り上げを伸ばしたそうです

150926145140a2.jpg

150926145140
瓶やラベルの感じで「サントリーホワイト」かと思ったのですが
その前身の「白札」という銘柄でした

販売は1929年(昭和4年)でしたが、香りが不評で返品が相次いだそうです
翌年、「赤札」(レッドの前身)を発売・・・こちらも失敗だったそうです

現在の「ホワイト」は1964年の発売
私もコレを一番、飲んでいましたね~

現在は、「角」が主流になったのか、お店(販売店)で見かける事が
殆どなくて・・・私も「角」主流になってしまいました

150926145222a2.jpg

150926145222
1937年(昭和12年)発売の「角」
戦時中、日本軍にも納品、舶来品が輸入停止となった背景もあって
大成功をおさめた「高級ウィスキー」
一時、ダルマが主流の時期もありましたが
昨今は「ハイボール」のCMで主流になった感がありますね

150926145243a2.jpg

150926145243
1950年発売の「サントリーオールド」
瓶の形状から「ダルマ」、「タヌキ」と呼ばれています

一時はサントリーウイスキーと言えば、このオールドが
代名詞となるほど、一般的でしたね
和食とウィスキーの組み合わせが宣伝されたのもコレ

若い頃、飲む機会もありましたが、当時はやや高めの価格
なかなかお店で飲む事は出来ませんでした

150926145315a2.jpg

150926145315
「サントリーローヤル」・・・1960年発売なので
「角」や「オールド」より後の製品ですね

これは高価なウィスキーで自ら飲む機会は皆無でした
一般的にも「贈答用」として利用されていたのでは?
なので、味の印象はありません・・・飲めたら、ラッキーみたいな感覚

今の「白州」や「山崎」みたいなイメージかな

150926145336a2.jpg

150926145336
「サントリーリザーブ」・・・1969年発売
翌年の大阪万博に来日する外国人にも評判になるウィスキーをと制作されたそうです
オールド」「ローヤルより廉価だったので、評判が上がったそうです

わたしも、だるまよりは飲む機会がありましたね
でも、現在は一般の飲酒店で見かける機会は少ない感じですね

3階から「展望台」へ上がってみます

150926151251a2.jpg

150926151251
標高712mに位置する展望台は、キルンの双頭の「頭」の部分でした
その2つの頭を繋ぐ橋は、窓が広くて視界が広がります

空は晴れ渡っていますが、八ヶ岳だけは雲の中

150926151305a2.jpg

150926151305
こちらは「塔」の部分で「らせん階段」の出入口になっています

窓の向こうに麦芽のサイロが見えますね
・・・サイロの大きさが実感できます

150926145929a2.jpg

150926145929
1階に下りて、一旦、屋外に出てみます

門の脇に掲げられた「サントリー白州蒸留酒製造所」の看板

150926150053a2.jpg
150926150053
上空には青空が広がります

15時を過ぎました・・・ガイドツアー開始まであと20分


訪問日:2015年9月26日
つづく(全13回)

関連記事
スポンサーサイト

2015.10.22 


Secret