サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
ガイドツアーの始まりです
150926151508a2.jpg

150926151508

「ウィスキー博物館」の1階・・・スクリーンには
ウィスキーに関わる歴史等を紹介する映像が放映されています

ここが「ガイドツアー」の受付になっています
映像を見ている人々がツアー参加者なのでしょうね

スタート前にガイドさんから説明・・・
一部、写真撮影不可の箇所があるそうです

マイカー等で来場したドライバーには
「アルコールは飲めない」シール?が配られます

受付カードを渡して、ガイドツアーの始まり
・・まずはバスで移動、だそうです

150926152513a2.jpg
150926152513
「ウィスキー&天然水ガイドツアー」の定員は50名
プログラムに「天然水」が含まれるからか、子供さんの参加も・・・。

乗車するバスは、左側の都バスのような前と中間部にドアがあるタイプ
右側の水色のバス、正面にコンセントのイラストが・・・電気バスって書かれています

150926152643a2.jpg

150926152643
バスは工場敷地の奥へ進んで行きます
緩やかな上り坂・・・

150926152756a2.jpg

150926152756
バスは、メインストリート?が右カーブした所で右折します

まずはウィスキーの貯蔵庫の見学なのだとか・・・
あの黄色いシャッターのある建物が貯蔵庫のようです

150926153104a2.jpg

150926153104
貯蔵庫に入る前にガイドさんから・・・
「室内では、アルコールの香りがするので慣れていなかったり、
気になる人はバス車内で待っていても構いません」・・・と。

で、扉を開けて、室内に入ると・・・
プーンと漂うお酒と樽?の匂い

150926153112a2.jpg

150926153112
毎日、ウィスキーを飲んでいる私でも
「かなり香っているな~」って思えるほどです

150926153135a2.jpg

150926153135
早速、何人かの子供さんがギブアップ

屋外へ避難していきました

150926153253a2.jpg

150926153253
ガイドさんが樽の説明を始めます

また別の子供さんが屋外へ・・・
室内に居る子供さん、大丈夫かな?って目で追ったりしてて
折角の説明が右から左・・・です

150926153258a2.jpg

150926153258
「豚一頭の重さ」って・・・
思わずつっこみたくなるアバウトな重さですよね

150926153305a2.jpg

150926153305
バーボンを熟成した樽でウィスキー用に
使用するのですね

樽の種類の説明の後、通路を奥に進みます


150926153402a2.jpg

150926153402
通路の両側に、横になった樽が積まれています

通路の長さは30mくらいでしょうか・・・

150926153421a2.jpg

150926153421
外観から見ると、貯蔵庫は2階建てくらい
樽の重量がかなりあるので、高くせずに横に広い倉庫で
保管しているのかもしれませんね

ボトルに換算したら、何本分、保管されているのでしょうかね?
ウィスキー好きな私でも
一生かかっても飲みきれない量かな?


訪問日:2015年9月26日
つづく(全13回)

関連記事
スポンサーサイト

2015.10.25 


Secret