サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
と、駅弁2。」のトップ記事はこちら
工場内を移動します
150926153532a2.jpg

150926153532
「サントリー白州蒸留所」にある「貯蔵庫」

その中で眠っている樽です
「ポットスチル」とは蒸留釜の事だそうです

「No DL0533」はロットナンバーでしょうか?

貯蔵期間は、3年、5年、10年・・・
例えば「白州12年」という商品ですと
白州蒸留所で蒸留され、12年以上貯蔵された
原酒で作られたもの、となるそうです

「白州」シリーズには、18年、25年という銘柄が
ありますので、更に長い期間、貯蔵された事になりますね

150926153734a2.jpg
150926153734
足下の通路の下にも樽が見えます
(暗がりの中に見える靴は、私の・・・
貯蔵庫内にはびっしり樽が収納されていますね~

貯蔵庫の見学が終わると、再び、バスに乗車
次は「サントリー天然水 南アルプス白州工場」へ向かいます

150926153955a2.jpg

150926153955
バスは、更に敷地奥へ進んで行きます

道は緩やかな上り坂・・・敷地が斜面上にあるのが判ります
この「白州蒸留所」の背後には、「甲斐駒ヶ岳」(2967m)がそびえています

150926154034a2.jpg

150926154034
メインストリートを右折します

正面に見える建物が天然水の工場のようです

150926154308a2.jpg

150926154308
白を基調とした綺麗な施設です
2011年竣工ですので、完成してまだ間もない
・・・ピカピカです

「工場」というイメージとはほど遠い感じ

壁面に画かれた南アルプスの山並み
その右側の雪を被った山が「甲斐駒ヶ岳」です

150926160237a2.jpg
1
50926160237
再び、バスにのって天然水の工場をあとにします

中抜きになったのは・・・
映像で説明を受けた後、エレベーターで3階へ・・・
展望台状の窓から
ペットボトルに天然水の中身を詰めて箱詰めするシーンを見学

ただ、その前にガイドさんから・・・
ここだけ撮影は遠慮下さいと

なので、写真はありませんが印象に残った事を2点・・・
まず天然水そのものは、雪や雨として地表に降りてから20年以上経過

この地域一帯の花崗岩層に浸透していって、20年の月日が経った地下水を
汲み上げて製造されているそうです
今年、生産された天然水は1995年に降った雨や雪なのかもしれないって事ですね

また、ここでは天然水だけではなく、それを詰めるペットボトルも製造しているそうです
それだけ、安全を一元管理出来る事になりますね

150926160719a2.jpg

150926160719
ウィスキー博物館そばまでバスは戻ってきました

博物館そばの「ファクトリーショップ」に入ります
その奥にお目当ての試飲会場があるようです

150926160749a2.jpg

150926160749
ファクトリーショップの様子・・・
ウィスキーにちなんだ商品が色々揃っているようです

良い物なのでしょうが、ちょっとお高め・・・見るだけ、でした

150926161023a2.jpg

150926161023
先ほどの丸いレリーフの横の扉を開けると・・・
試飲会場です

想像していたより広いです

150926161154a2.jpg

150926161154
ガイドさんの説明の後・・・
今日の試飲「白州のハイボール」
日頃、ハイボールを飲んでいるので良かった~
(無いだろうけど、ロックとかだと酔っちゃう)

炭酸水は「南アルプスの天然水 スパークリング」
氷も「南アルプスの天然水」から作った物だとか・・・。

テーブルの色と被っているのか、透明っぽく見えます

で、味は・・・
普段、飲んでいるハイボールと比べると・・・
ちょっと薄いです
って言うか、いつもかなり濃い目なのを飲んでいるのかな~

普段、ウィスキーを飲み慣れていない方もいるでしょうし
致し方無いですね

150926161408a2.jpg
150926161408
おつまみは、おかき?とチョコレート

150926162201a2.jpg

150926162201
文句を言いつつもお代わりを

2杯目は、飲み慣れた「角」のハイボール
「白州」に比べると若干、色が濃いでしょうか

飲み比べると「白州」の方がすっきりしている感じですね


訪問日:2015年9月26日
つづく(全13回)

関連記事
スポンサーサイト

2015.10.28 


Secret