サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
晩秋」のトップ記事はこちら
戸倉駅からバスに乗ります
151107110634a2.jpg

151107110634
11時6分、しなの鉄道「戸倉」駅・・・長野行き普通電車が発車していきました
「戸倉」は「とくら」ではなく、「とぐら」と濁ります

紅葉した山並みは、戸倉駅東側にある「五里ヶ峯」(1094m)から北西へ・・・
「有明山」(652m)に連なり、千曲市の裏山と言われているそうです

写真右端は、その中間付近にある「護兵山」(785m)
その頂上東側の地下を「北陸新幹線」のトンネルが通っています

この戸倉駅からは、千曲市循環バスに乗車します
発車時刻は、11時11分・・・あと4分です

151107110749a2.jpg
151107110749
駅前広場の左隅に小型バスが2台、駐車中・・・
車体に「千曲市循環バス」と書かれています

地元のコミュニティバスと同じタイプの車体です
今、このくらいの定員のバスの需要が多いのかもしれません

出入り台に行くと、2人の運転手さんが雑談中
姨捨行きと発車時刻を確認して、食料調達に一旦、駅舎へ戻ります

発車まであと3分程なので急ぎます

151107111115a2.jpg

151107111115
乗客は私ひとり

乗車すると、運転手さん達から質問が・・・
「HPか何か見たの?」と
「そうですよ、サイトに時刻表も載っています」

運転手さん曰く、地元の人もこのバスの存在を知らない人が多いのだとか

私のように節約旅行をしたい者にとって、こういう自治体のバスは狙い目なんですよね

151107112116a2.jpg

151107112116
11時11分、「戸倉駅」を発車

国道18号ではなく、バイパス?で市街地を抜けて、
向きを南西に変えると川に出ました・・・「千曲川」です

丁度、着席側がひなたとなって眩しいですが
正面に、コブ状に出っ張った特徴的な形の山が見えてきました
・・・「冠着山」(1252m)、別名「姨捨山」です

151107112125a2.jpg

151107112125
「千曲川」を渡ります
こちらが上流側・・・僅かに波立った箇所が見られなかったら
どちらの向きに流れているのか、判らないほど静かな川面です

正面に見えるのが「五里ヶ峯」(1094m)・・・かな?
その先に「浅間山」が聳えている筈・・・。

151107112721a2.jpg

151107112721
狭い坂道に入ります・・・いよいよ山登りです

「戸倉駅」を11時11分に出発した際、車内の掲示板に次の停留所名が「公民館下」と表示
ですが、なかなか到着しません・・・時刻表を見ると、11時28分着

コミュニティバスは小まめに停車していくのが一般的だと思っていたのですが・・・
地図で計測すると、約8km、所要17分間、バス停が無い循環バスでした
(その先も、停留所は、姨捨観光会館・・・で、終点の姨捨駅。
途中、2つの停留所の快速コミュニティバスですね

151107112727a2.jpg

151107112727
戸倉駅の標高は376m、これから向かう姨捨駅は551.2m
約175mの標高差を上がっていきます

手前の山並みの、左側のピークが「有明山」(651.8m)、右側のピークが「五里ヶ峯」(1094.4m)
その間・・・中央奥に見えるのが「鏡台山」(1269m)・・・のようです

151107112820a2.jpg

151107112820
道脇に棚田が見えてきました
「更級川」に沿ったこの辺りの棚田「四十八枚田」と呼ばれています

バスは更に上っていきます

151107112910a2.jpg

151107112910
視界が開けてきました
 中央奥が「有明山」、左側に長野盆地(善光寺平)が広がります

151107112930a2.jpg

151107112930
綺麗なモミジのある「長楽寺」
道の反対側に「姨捨観光会館」の施設があります

151107113006a2.jpg

151107113006
右側に「姨捨公園500m」、「姨捨駅600m」の案内板が立っています

紅葉を見ながら、ブラブラ歩くのも良いのですが、
バッグ2つを肩にかけながらは、ちょっと・・・。
姨捨駅との高低差は、まだ70mほどあって、結構、キツいのです

151107113127a2.jpg

151107113127
標高500mを越えた辺り・・・
あと2分程で「姨捨駅」に到着です

togura.jpg
訪問日:2015年11月07~08日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.11.21 


Secret