サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
晩秋」のトップ記事はこちら
千曲市循環バスで上がってきました
151107113147a2.jpg

151107113147
しなの鉄道「戸倉」駅から20分・・・まもなく
JR篠ノ井線「姨捨」駅に到着します

正面に見える丘陵の右端に、8.7km離れた篠ノ井線の隣駅「稲荷山」(標高358m)があり、
電車は丘陵に沿いながら高度を上げて、「姨捨」駅(551.2m)に到着します

姨捨を訪れる時はいつも、篠ノ井線で車窓を見ながらでしたが
今回、初めて、バスで上がってきました

151107113209a2.jpg
151107113209
JR篠ノ井線の踏切を渡ります
奥へ下っていくと「長野」、手前側が「松本」方面

大阪・名古屋からの特急や貨物列車も走る路線ですが、
「松本」駅までは「明科-田沢」駅の1駅間だけが複線・・・その他は単線となっています
遅延の多い特急「しなの」との待ち合わせで、普通列車も遅れがちなのがネック

151107113243a2.jpg

151107113243
踏切で横断した後、篠ノ井線とは少し距離をとって「姨捨」駅へ向かいます
正面奥の方に、志賀高原の山々が連なるのですが、生憎、霞んでいます

間にはリンゴ畑?・・・紅い実がたくさん実っています、信州リンゴでしょうか?

151107113250a2.jpg
151107113250
上空には青空が見えますが、地表近くは雲が広がっています
妙高や戸隠、黒姫の山々を見るのも無理っぽそうです

151107113333a2.jpg

151107113333
11時33分、「姨捨」駅のホームが近づいてきました

直近の出発は、松本方面への上り電車は、10時40分発「甲府」行き、
長野方面への下り電車は、10時42分発「長野」行き、と40分経過

次の電車は、それぞれ11時51分、53分発と
まだ時間はあるので、ホームに人影は見えません

151107113420a2.jpg

151107113420
循環バスは、駅手前の停留所に到着

一旦、駅舎へ向かいます
以前、棚田を巡る際、バッグを預かってもらった事があって・・・

でも、今回は、他のお客さんが居たからか、ダメでした

151107113735a2.jpg

151107113735
仕方ないので・・・バッグ2つを肩にかけて、「姨捨公園」へ向かいます

「ふみきり注意」ですが、旅客電車は、ほぼ1時間に1往復の運行

151107113750a2.jpg

151107113750
通常の普通電車は2~3両編成なので、
暴走しない限り、この踏切を通過する事は無さそう・・・

なのに、コンクリート枕木が新しく交換されたばかりの様子ですね

151107113823a2.jpg

151107113823
階段を降りた所に次の踏切が・・・こちらは要注意です
普通電車の他に、特急電車の通過があります

警報器が無いので、遠方の踏切の警報音で確認
・・・豪雨等、音が聞こえづらい時は更に注意が必要

151107113830a2.jpg

151107113830
同じ踏切の、「長野」方面

右側のこんもりと木々に覆われた所が「姨捨公園」です

151107113916a2.jpg

151107113916
柿の実が実っていますね~

前回の「姨捨」訪問は、昨年の5月
リゾート列車での15分停車の間だったので、駅構内だけでした
その前の訪問は、昨年の3月
積雪がある時期、この姨捨公園を訪れました
真っ暗になると、足下の様子が判らず、凍りかけた道をそろそろと歩きました

今回は、明るいし、雨も降っていないので安全

151107114010a2.jpg

151107114010
背後で踏切警報音が聞こえてきました

急いで見晴らしの良い箇所へ向かいます
特急「ワイドビューしなの5」号が長野駅へ向かって駆け下っていきます

訪問日:2015年11月07~08日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.11.22 


Secret