サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
晩秋」のトップ記事はこちら
松本駅「アルプス口」です
151107144258a2.jpg

151107144258
雲が多いですが、青空も見える松本駅前です
色合いが濃く見えますが、宿の送迎車の車内から・・・
窓ガラスが紫外線カットタイプなのかな?

松本駅のメインは東口の「お城口」・・・駅ビルやバスターミナルが有り
松本観光の人々でも賑わいます

一方、西口の「アルプス口」は綺麗に整備されていますが、静かな雰囲気。
車で駅コンコースの間近まで寄れるので、地元の方が送迎に使うのに便利な感じです

上高地方面へ行く場合、混雑する東口からのバスはJRの線路をくぐって
西口方面へ抜けるだけでも、結構、時間がかかります
この西口での発着で、10分以上短縮出来そう・・・。

151107143726a2.jpg
151107143726
出発時刻を待つ送迎車の車内
今回の利用は、私ともうひとり・・・前の座席に座っている女性です
でもちょっと違和感が・・・ハイクっぽい服装ではなく、何となく避暑地へ訪れる風
それもひとりで・・・大丈夫かな?一瞬、ちょっと心配な気持ちがモクモク


matsumoto2015.jpg
宿のお話では「14時頃には駅前に着いていますよ~」と聞いていたのに
送迎バスの姿が見えません
出発時刻の14時半になっても、来ない・・・
もしかしたら、待ち合わせ場所を間違えた?

不安になって宿に電話したら、間違いないそうです
でも、出発時刻は14時45分ですと・・・私が勘違いしたようです

となると、もうひとつ問題が・・・
翌日、その送迎バスで松本駅へ送ってもらうのですが・・・
14時に駅に到着なら若干の遅れがあっても大丈夫だろうと、
予約したのが14時49分発の特急
渋滞等で松本駅着が少し遅れたら、特急に乗り遅れる可能性も・・・

151107151437a2.jpg

151107151437
「松本」駅(標高586m)を出発してから約30分・・・山が近づいてきています

この辺りでは紅葉が里まで下りてきていますね
青空が見えて良かった・・・

先に見える山は「大明神山」(1642m)・・・北アルプス山脈が松本盆地に伸びる尾根の末端部分
こちらから見ると、北アルプスの前衛ですね
地図上では、その背後に「小嵩沢山」(2387m)が聳えていますが
写真に写っている山なのかは確信は持てませんでした

151107151608a2.jpg

151107151608
アルピコ交通「上高地線」の終点「新島々」駅(約708m)
その駅前に広がるアルピコ交通のバスターミナルの車庫・・・広い敷地です

上高地・乗鞍方面は、鉄道で来て、ここでバスに乗り換えます(通常)
この先、谷が狭まってきて、山岳路にはいります

151107152045a2.jpg

151107152045
国道158号線(野麦街道)を走ります

右側が「大明神山」の山体、左側が「小嵩沢山」の山体
・・・その間を「島々谷川」が流れています

現在のバス道が開通する前、この谷を遡って徳本峠を越えるのが
上高地へ至るルートでした
この「島々」から約20km、所要9時間ほど・・・だそうです

151107152410a2.jpg

151107152410
「松本」駅を出発して約40分
「安曇3ダム(梓川3ダム)」のひとつ、「稲核(いねこき)ダム」が見えてきました
今夏に通った際、カメラ不調で撮影出来ず、凹んだダムです

堤高60m、堤頂長192.8m、堤頂の標高は約790m
・・・松本駅から約200m上ってきました

151107152749a2.jpg

151107152749
「稲核ダム」を過ぎて、約3分・・・「水殿(みどの)ダム」が近づいてきます

堤高95.5m、堤頂長343.3mと長さは稲核ダムの倍近くの大きさ
堤頂の標高は約840m

151107152943a2.jpg

151107152943
先の方に、「安曇3ダム」のラスト、堤頂高155mの
「奈川渡(ながわど)ダム」のアーチが見えてきました
(小さいのでしてくらさい)

対岸は1800mを越える山の斜面・・・国道が900m前後なので
谷底の梓川のダム湖水面までは1000mを越える断崖になっています

こういう箇所は霞んでいる方が気が楽かもしれません

151107153529a2.jpg

151107153529
「奈川渡ダム」の堤頂を走り抜けます
「野麦街道」はこのダムの手前で分岐・・・木曽の薮原や飛騨高山へ至ります

堤高155m(日本3位)、堤頂長355.5m
標高は約980m・・・まもなく1000mに達します

この奈川渡ダムによるダム湖・・・梓湖には諏訪湖の2倍の水が
貯えられているそうです

151107155629a2.jpg

151107155629
「奈川渡ダム」を過ぎ、梓湖、梓川沿いを長大トンネルで抜けます
「松本」駅から1時間10分・・・「中の湯」の分岐が見えてきました

右側に見えるトンネルが、上高地へ至る「新釜トンネル」
左へ折れる道が国道158号線、安房峠を越えて平湯・飛騨高山へ至ります
赤信号機の脇に小屋が見えます・・・「中の湯売店」
「中の湯温泉旅館」を訪れる際、この「中の湯」バス停で降りて、
売店の人に伝えると、宿からの送迎車が来てくれます

abo.jpg
「中の湯温泉旅館」は元々、この地にありました
しかし安房トンネル工事で起きた水蒸気爆発により、1998年に移転
現在、この地には売店と洞窟風呂「卜伝の湯」が営業中
(洞窟風呂は梓川対岸、橋の向こう側にあります)

この辺り、標高は1300mを越えています

151107155736a2.jpg

151107155736
「中の湯」の分岐から国道158号線を500mほど走行すると、再び分岐点です
真っ直ぐ伸びるのが、1997年に開通した「安房峠道路」
先に見えるのが「安房トンネル」(4370m)・・・抜けると岐阜県です

右に急カーブ、しているのが、国道158号線・・・
冬期(11月中旬~5月中旬)は通行止めとなり、
中の湯温泉利用客以外往来は無いようです(宿利用客も、ここにあるゲートが
閉鎖されるので、売店か平湯料金所から電話して下さい・・・との事です)

151107160004a2.jpg

151107160004
この先はハードな急坂、急カーブが続きます

峠頂上から見て長野側に11こ、岐阜側に3つのヘアピンカーブ
路線バスの運行時は、車掌が必ず乗務して、切り返しや対向車の誘導をしたそうです

すれ違いが困難なため、行楽シーズンには通過に5時間以上かかっていたのが
現在は、安房トンネルの通過で5分に短縮

151107160215a2.jpg

151107160215
崖の下に、トンネルの出入口が見えます・・・先ほど通った、「中の湯」の分岐地点です
あそこから200mほど上って、標高は1500mを越える辺りです

ブレてしまいましたが、写真左上部、白い空の下に見えるのが穂高連峰

151107160234a2.jpg

151107160234
「松本」駅を出発して、1時間15分ちょっと・・・
「中の湯温泉旅館」の建物が見えてきました

標高1530mと、上高地・河童橋より高い位置に立ちます

nakanoyu.jpg
冬期、道はかなりの積雪になるので、車利用者はゲート付近で降りて
宿の車で送迎してもらうそうです(ゲート付近に駐車)
一晩経って、車に積もった雪は、朝の内に除雪してくれるとか・・・親切ですね

訪問日:2015年11月07~08日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2015.11.30 


Secret