サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
「晩秋」のトップ記事はこちら

雨の中、歩きます
151108103739a2.jpg

151108103739
「大正池」で送迎バスを降りて、散策路を歩いています

当初は、傘をさすか迷う程度の降りでしたが、次第と本格的に・・・。
カメラはタオルで覆いながらの散策です

前回(今夏)は寄りませんでしたが、今回は時間があって・・・
「上高地 帝国ホテル」です

赤い屋根の窓の部屋がオンシーズンで約36000円(一室)
(普通の建物では屋根裏部屋と称する辺りで、この価格です)

その下の階・・・穂高側のベランダの部屋が約48000円
食事は別に、ダイニングルームでの2食で約18000円(ひとり)

さすがですね

151108104021a2.jpg
151108104021
ホテルから少し離れた林の中に建つのは
帝国ホテルの従業員寮

一年の半分は営業しませんが、冬期は深い雪に埋もれるからでしょう
・・・頑丈そうな造りです

151108104708a2.jpg

151108104708
梓川まで戻ってきました

山稜は相変わらず雲に覆われていますし
低い位置にも雲が漂っています

151108105010a2.jpg

151108105010
散策コースのほぼ中間地点
冷えるし、トイレをと思ったら・・・
上高地の冬季閉鎖に先駆けて、トイレが閉鎖されていました

裏手に冬期用の個室ドアがひとつ・・・
でも、荷物を置くスペースが無くて、利用は諦めます

151108110503a2.jpg

151108110503
相変わらず、雨は降り続けています

用意して正解だったのがスノーブーツ・・・
くるぶしより下がゴム長靴タイプで水たまりを気にせずに歩けます

観光客の皆さんは水たまりを避けながらで大変そう

151108112003a2.jpg

151108112003
「岳沢」が見えてきました

雪は雨水で溶けてしまったのかな・・・
3年前の11月5日に訪れた時は山稜は雪でした

今回、折り畳み傘をさしての歩みでしたが、
なぜか髪が濡れているのです
よくよく見ると、傘の頂上金具部分から雨漏り

傘の意味、ないじゃん~
帰宅後、処分して、新しい傘を購入しました・・・

151108112817a2.jpg

151108112817
「河童橋」が見えてきました

さすがに観光客が居る様子
正面にそびえるのは「明神岳」(2931m)・・・雪がありませんね

151108113503a2.jpg

151108113503
「岳沢」の樹林も色づいているようですが
霞んでしまっています

151108113723a2.jpg

151108113723
河童橋のたもとから梓川と穂高

こんなお天気なので、河原に降りる人は皆無

151108113756a2.jpg

151108113756
今シーズンの初雪はすでにあったので
暖かい気温と雨で溶けてしまったのでしょう

上高地の冬期閉鎖まであと1週間
例年見られる、青空と山の雪と紅葉の3段階の色づきが
今シーズンは見られるのでしょうか?

151108113815a2.jpg
151108113815
梓川の下流側

カラ松並木の先に見えるのは「焼岳」(2455m)
頂上は雲の中です


訪問日:2015年11月07~08日
つづく(全19回)

関連記事
スポンサーサイト

2015.12.10 


Secret