サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
「京都っぽく」のトップ記事はこちら
「玉堂美術館」です
151121133310a2.jpg

151121133310
東京都青梅市にある「玉堂美術館

この散策のメインとなる目的地です
ここを知ったのは、リンク先のひとつ・・・
oh pattiさんのブログ
行った気分で京都。 そうだ、鎌倉あたりにしとこう。

その記事のひとつ「
発見! 石庭は美術館にいた!」で紹介された事から。

紹介されたお写真にモミジが映りこんでいました
(撮影時期は7月で葉は青々としていましたが)

石庭と紅葉したモミジがあれば、本家本元の京都・龍安寺へ行かなくても
・・・と思い、秋になるのを待っていました

151121133554a2.jpg
151121133554
館内には日本画壇の巨匠・川合玉堂氏の作品が展示されております
が、今回は石庭と紅葉を目的に訪れたので、申し訳ありませんがスルー
(館内は撮影禁止)

151121135208a2.jpg

151121135208
本家・龍安寺より広い感じの石庭です

白い石壁の角を挟んで、L字型に展開

151121134353a2.jpg

151121134353
美術館の外にあるイチョウとモミジの配置は
偶然ではなく、石庭作りの際に考慮されたのでしょうね

151121133752a2.jpg

151121133752
右側のモミジは紅葉まであと一歩

151121134433a2.jpg

151121134433
白い壁と玉砂利、イチョウ、モミジ、植栽の緑・・・
それぞれが引き立ててくれますね

151121134214a2.jpg

151121134214
緑色のモミジも風情があります

151121134459a2.jpg

151121134459
風でイチョウの葉が舞っています

紅葉末期には、モミジやイチョウが石庭の上に広がるのでしょうか?
そんなシーンも見てみたいです

151121134234a2.jpg

151121134234
美術館の外では、大勢の人が紅葉見物中

白壁一枚隔てたこちらは静寂の世界です

151121135154a2.jpg

151121135154
人影を避けて撮っている訳ではなく・・・
この時の見学者の数は5人ほど

151121135312a2.jpg

151121135312
訪問翌日、東京の地方紙でこの石庭がグラビアで紹介されました

静けさを味わえるのもギリギリだったのかも

151121135707a2.jpg

151121135707
美術館入り口の塀瓦

樹の下方の葉はまだ緑色です

151121135910a2.jpg
151121135910

その上部は黄色くなって・・・
その中の一部が真っ赤に紅葉中

訪問日:2015年11月21日
つづく(全12回)
関連記事
スポンサーサイト

2015.12.11 


Secret