サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1000×750サイズの写真が別に表示されます
「特別公開へ」のトップ記事はこちら

地下を進みます
151219090534a2.jpg

151219090534
地下採掘場跡の広さは20000㎡、深さは30m
最深部は60mになるそうです

オープン直後、この地下空間にいるのは、わたし一人だけ
独占しています

151219090700a2.jpg
151219090700
今夏に訪れた時の室温は11度
外気が30度越えでしたので、避暑にはうってつけでした

冬になって、5度・・・多少は下がりましたが
この日は外気の方が寒い感じです

151219090758a2.jpg

151219090758
所々、地上からの光が射し込みます

射し込んだ先にはオブジェが置かれています

151219090829a2.jpg

151219090829
前回訪れた際は、假屋崎省吾さんの作品は
行き止まりの場所に置かれていました

今回は、そこから右へ進んだ空間が公開されています
特別公開のスペースです

151219090916a2.jpg

151219090916
地上からの光が射し込んでくる広いスペース
「教会ゾーン」と呼ばれている場所です

151219091113a2.jpg

151219091113
特徴ある開口部から射し込む光が幻想的な
雰囲気を醸し出しています

151219091243a2.jpg

151219091243
「教会ゾーン」の奥側から振り返ると・・・
隣の空間とはクランク状に繋がっているので
独立した空間のように感じられます

151219091316a2.jpg

151219091316
岩壁に残された跡で、採掘形態の違いが判ります

151219091359a2.jpg

151219091359
チェーンソーが刻んだ溝がブロック塀を積んだように見えます

訪問日:2015年12月19日
つづく

年末年始で何かと慌ただしく、記事が短く
ネタもズルズルと長引くと思われますが、ご容赦ください


関連記事
スポンサーサイト

2015.12.29 


Secret