160103104410a2.jpg
16.01.03.10:44.10.
ボケの花です

一昨年の2月、越後湯沢(新潟県)から直江津へ抜け、長野に
さらに猿が温泉に入る地獄谷を巡りました

昨年は、2月に会津鉄道経由で会津若松往復
3月に長野・直江津からほくほく線経由と2回

東京生まれで東京育ち
豪雪地帯の方には申し訳ないけど、雪の景色に憧れがあって
「雪見の旅」にすっかりはまっています

今シーズンはどこにしようか・・・
ラフプランは数年前から幾つかあって、どれを具体化するかだけ
で、2016年は「白川郷のライトアップ」を選びました

160103104352a2.jpg
16.01.03.10:43.52.
岐阜県の「白川郷」には2012年の晩秋に1度訪れました

今回は雪の季節・・・さらに1年間に7回だけのライトアップを見るプランです
当初は、交通手段、宿等を決める個人プランで検討・・・でしたが
10月の段階で白川郷の宿は予約不可、周囲(高山)も好条件の所は難しい状況となっていました
(多分、実予約ではなく旅行会社がツアー等に予め押さえてしまったのだと思いますが)

となると、ツアーが有利かも・・・と探しましたが、
ひとり旅だと、東京からのバスツアーと上田まで新幹線でその後バス利用の2プラン

東京からのバスツアー(C社)は、楽ですが乗車時間が長い上、先日通った松本から
中の湯への道を走ります。余裕は持たせているでしょうが、
万が一、渋滞・混雑等で遅れたらライトアップ自体に間に合わなくなる恐れも

鉄道併用プラン(H社)は、東京から上田まで長野新幹線、その後はバス移動
ライトアップを見た後、宿泊先は金沢となり、翌日は金沢から上田へ戻る形です
金沢も悪くないのですが、どちらがメインなのか???
また個人的には、高山市内を巡った事はないので、少し歩いてみたい気もありました

どちらも踏ん切りがつかないまま迷っていたら・・・
鉄道利用のツアープラン(K社)が出てきました

東京-(東海道新幹線)-名古屋-(特急)-高山・・・復路も同じ
初日夜は白川郷のライトアップ見学後、高山泊り(シングルルーム)
翌日は夕方の高山発までフリープランです

これだ!って事で11月3日に申込み

160103104434a2.jpg

16.01.03.10:44.34.
このプランの特徴は、最省催行人員2人、添乗員なし
交通機関では、他社の旅行プランとの混乗ですが、散策時は基本的にひとり
私にぴったりです

で、ネット申し込みの際、「但し書き」に掲出されていた文面のひとつに
号車や席番など、座席位置に対するご希望はお伺いできません」と書かれていたのですが

申し込み時のお問い合わせ欄に
但し書きにJR線の座席希望は不可と記載されていますが、可能ならば往路新幹線は山側の窓、
往路高山線は岐阜より先、進行右側の窓席を手配して戴けたら幸いです。
」とダメ元で記載して申し込み。
新幹線の山側は、勿論、富士山が見える側
高山線の進行右側は、前回旅行時が左側だったので今回は反対側。
(沿線の飛騨川の車窓は左の方が良いという意見もありますが、前回、惜しいシーンがあったのです)

早速届いた返信に
<回答> お座席はご希望でお預かりさせていただきます。 ご希望に添えない場合もございますので、
その場合は、何卒ご了承お願いいたします。 列車確定まで今しばらくお待ちくださいませ。


どうかな~?と思いながら、出発の1か月前(JR特急券等の発売日)にメールが届きました
往復新幹線は山側〈2名掛けの窓側〉、
ひだ号は岐阜~高山間進行方向右側の窓側にて お手配させて頂きました。


ダメ元でもお願いしてみるものですね~

更に、往路の高山線特急の席番を見ると、「1号車01A
もしかしたら、運転席のすぐ後ろ?

高山線特急は岐阜駅でスイッチバック(方向転換)します
岐阜から高山まで反対側の10号車が先頭です
(ならば、そちらを指定すればいいのでしょうが、グリーン車なのです

でも、名古屋から岐阜まではパノラマシーンを楽しめそうです

関連記事
スポンサーサイト

2016.01.05 


Secret