サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
足慣らしに」のトップ記事はこちら

雑司ヶ谷霊園です
160116123133a2.jpg

160116123133
東京都立の「雑司ヶ谷霊園」

広さは約12万㎡・・・訪れた事はありませんが
「倉敷チボリ公園」と同じくらいの広さです

青山霊園、谷中霊園、染井霊園、八王子霊園、多磨霊園、小平霊園
それと、千葉県にある「八柱霊園」等と同じく都立霊園のひとつです

入口は意外と簡素です

ジョン万次郎さん、小泉八雲さん、夏目漱石さん、泉鏡花さん等々、
多くの著名人のお墓があるとか・・・

160116123433a2.jpg
160116123433
昨年訪れた「小平霊園」は敷地の半分ほどが公園となっていて
散策する人の姿も多かったのですが、こちらは霊園が主のようです
関わりの無い者が無闇に巡ってははばかれそうな雰囲気

バックには東池袋の高層ビル群がそびえます
左から「としまエコミューゼタウン」(49階)・・・豊島区役所と住宅
「サンシャイン60」(60階)、「エアライズタワー」(42階)、「アウルタワー」(52階)
昔は、サンシャイン60だけだったのに、いつまにか増殖してた

160116123702a2.jpg

160116123702
雑司ヶ谷霊園を縦断して、南西側の斜面にあるのが「清立院」(せいりゅういん)

石段脇に連なる提灯に「毘沙門天」の文字が書かれています

160116123811a2.jpg

160116123811
谷筋になっている南側は、割と見通しが良いです
お地蔵さんも日焼けしそう・・・

160116124033a2.jpg

160116124033
創建は1428年と古いですが、ピッカピカの本堂

正面のガラス扉の中に「毘沙門天」が祀られています

160116123959a2.jpg

160116123959
扉は「自分で動かす扉」の自動扉です
この時期、寒いので、常に閉めているのでしょうか

その中で、さらに透明ケースに収納されています

160116124243a2.jpg

160116124243
「雑司ヶ谷七福神」巡りの最後は「清土鬼子母神」
吉祥天が祀られています

「清立院」から「雑司ヶ谷霊園」の南縁を通った後、南東へ向きを変えます
ここから先はこみ入った道筋なので、Mapを確認しながら進みます
ただ、要所ごとに紅い幟が立てられているので、迷う事は無さそう・・・

160116124931a2.jpg

160116124931
狭い路地を抜けていくと、「清土鬼子母神」

民家とマンションに囲まれた場所です
「清土」はこの付近の旧地名なのだとか

160116125032a2.jpg

160116125032
「吉祥天」

160116125102a2.jpg

160116125102
しっかりとした造りの屋根に覆われた井戸・・・「星の井」です

160116125246a2.jpg

160116125246
大きな寺院ではありませんが、施設、草木等
きちんと手入れがされていますね


zoshigaya.jpg

これで「雑司ヶ谷七福神」巡りが終了・・・
の筈だったのですが、参ったのは「六福神」

一番最初の、「雑司ヶ谷鬼子母神」の大黒天様を見落としてました

「雑司ヶ谷鬼子母神」参拝後に、急遽、「七福神」巡りを始めてた・・・
もっと近い場所なら戻るのですが、「七福神」の中でも離れた寺社同士

参拝は、次の機会にします・・・

訪問日:2016年1月10日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2016.01.25 


Secret