サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・飛騨」のトップ記事は
こちら
バスで出発します
160124082632a2.jpg
160124082632
雪雲の上に青空が広がってきています
陽射しに照らされて、今日、乗車する観光バスが停車中

高山バスセンター(BC)の乗降場には高速バスが停車中で入れず、
ミソッカスみたいに屋根から外れた場所に

160124083138a2.jpg
160124083138

8時30分、出発
「世界文化遺産 五箇山相倉と白川郷めぐり」の定期観光バスツアーです
到着は15時10分・・・所要は6時間40分、お昼ご飯付き。

座席は、昨日とは反対側・・・右の窓側です

160124084143a2.jpg

160124084143
出発して10分・・・日曜早朝で道も空いていて
早々に「高山IC」から「高山清見道路」に入りました

でも、お天気が・・・雪雲が広がってきているようです
前方の山は白く霞んでいます

160124084418a2.jpg
160124084418
「白川郷IC]までは昨日と同じルートです

「見量山トンネル」(1540m)、「栗尾トンネル」(1070m)を抜けると雪模様
15分前に出発した高山市街地とは大違いのお天気
防音壁の上にも雪が積もり出しています

160124084541a2.jpg

160124084541
「清見八日町トンネル」(1270m)を抜けて、右側に「森林たくみ塾」の建物

車が通る車道も雪が積もり出している様子
対向車はライトを点灯しています

160124084612a2.jpg

160124084612
「高山西IC]を通過中

4年前に乗車した際(コースは異なりますが)、バスガイドさんがひとり乗車でした。
が、今回はふたり

バズ座席も前半分が日本人、後ろ半分は外国人
その外国人専用のバスガイドさんです

そういえば、昨夜の白川郷の訪問客の半分以上が外国人(だった気がします)

160124085323a2.jpg

160124085323
「小鳥トンネル」(4350m)を抜けて、間もなく「飛騨清見IC」の筈ですが
視界が全くとれません
路面とガードレール部分の区別もよく判らない感じです

160124085525a2.jpg

160124085525
「飛騨清見IC]で「高山清見道路」から「東海北陸自動車道」へ入ります。
降る雪が水平に流れています・・・結構、降っている感じ

ガイドさんによると、富山県側では大雪が予想されてるとか・・・
東京だったらもう大混乱ですが、雪に慣れた地では気にしていない様子

160124090128a2.jpg

160124090128
谷あいの先には、小鳥川にある「下小鳥ダム湖」・・・
その下流部分を橋で渡っている筈ですが、雪で霞んでいます

160124091933a2.jpg

160124091933
「白川郷IC]を過ぎて「小白川トンネル」(520m)を抜けます
眼下に「庄川」が見えます・・・この先に「成出ダム」があって、ダム湖になっています

前の写真と比べて、ガードレール下の積雪量が多くなっていますね
ここを渡ると富山県に入ります

160124092350a2.jpg

160124092350
「五箇山IC]で降りるようです
道端の雪は、新雪っぽい感じ・・・ここ数時間で積もったのかも

160124092508a2.jpg
160124092508
何か・・・結構、すごいぞ

160124092528a2.jpg

160124092528
下道を進みます・・・国道156号です

お社は「小彦名社」だそうです。
石段は雪で覆われてしまっていますね

160124092750a2.jpg

160124092750
反対側の車窓に・・・萱沼合掌造り集落です

前回の観光バスツアーで訪れました
訪問客の姿が見えますが、雪が深そう

160124093212a2.jpg

160124093212
「小原橋」を渡ります
国道156号のこの辺り・・・富山県と岐阜県の県境付近は
「飛越峡合掌ライン」とも名付けられているそうです
「飛」は飛騨、「越」は越中が由来

奥に見える施設は「民謡の里」、その右側には段々畑が拡がっています(今は雪の中)

160124093354a2.jpg

160124093354
長さ453mの「湯出島橋」を渡ります
この橋は半円型のカーブを描いていて、
庄川の左岸から川を渡り、再び、左岸に戻ってきます

先に見える橋は、156号から分かれ「五箇山温泉」へ繋がる道

160124093649a2.jpg

160124093649

対岸に「利賀川第二発電所」の施設が見えます
間もなく国道156号と分かれて、国道304号へ

高山を出て、約1時間、「五箇山相倉の合掌集落」に間もなく到着です
集落では約50分のフリータイム

私は楽しみですが、この大雪の中、約50分、参加者を放置する
観光プランもある意味、スゴいですよね

suganuma.jpg
合掌集落の地域は岐阜・石川・富山県の県境付近に位置しています

訪問日:2016年1月23~24日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.02.11 


Secret