サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・飛騨」のトップ記事は
こちら
白川郷へ出発です
160124104030a2.jpg
160124104030
相倉合掌造り集落の見学終了・・・
一昨年、長野県地獄谷を訪れた時と同じような、激しい降雪にテンション上がりましたね
ここに来て、満足できる「雪見の旅」が経験できた気がします

バスはこの後、白川郷へ向かいます・・・
けど、正面窓を見るとほぼ吹雪状態

この天候のもと、展望台に上がったら、昨夜よりも視界が悪そうな気がしますが・・・

160124104203a2.jpg
160124104203
国道304号へ降りていきます
確実に往路の時よりも、雪が深くなっています

160124105001a2.jpg

160124105001
バスが一時停止・・・運転手さんが車外に
「チェーンの音がおかしい」のだそうです
こんな雪道でスリップしたら・・・一瞬、バス事故が頭をよぎります

でも停車した場所・・・国指定重要文化財の「村上家」の前
丁度、道幅が広くなっているから選んだのかな

タイヤをチェックしている間に、ガイドさんが「村上家」の説明。
解説タイムの丁度良い、停車でした

160124110125a2.jpg

160124110125
「菅沼合掌造り集落」を通過
(今回、雪まみれの風景ですが、2012年訪問時の様子はこちら

まだ午前11時過ぎなのに、夕方みたいな明度です

160124110542a2.jpg

160124110542
往路では「五箇山IC]まで「東海北陸自動車道」を利用しましたが、
復路は、下道で

「新屋橋」で庄川を渡ります
下流に「小原ダム」があるので、山中ですが豊かな水量です

160124110718a2.jpg

160124110718
すぐにガイドさんからアナウンス・・・「岩瀬家」という国指定重要文化財

急いでカメラを向けたのですが、
カメラのフォーカスが窓の水滴にロックオン・・・撮れませんでした

で、撮れたのがすぐお隣の「行徳寺
山門の屋根に積もった雪が半端ありません

この先、庄川を渡る橋が続きます
「楮橋(こうずばし)」・・・欄干の色は「」、富山県にあります
次は
次は、「火の川原橋」・・・欄干の色は「藍色」、渡ると岐阜県

その次は、「宮川原橋」・・・欄干の色は「」、渡ると富山県

更に、「小白川橋」・・・欄干の色は「」、渡ると岐阜県

160124111158a2.jpg

160124111158
で、黄色い欄干は「成出橋(なるでばし)」、渡ると富山県

次に、「飛越橋」・・・欄干は「」、渡ると岐阜県

最後に、「合掌大橋」・・・欄干は「黄色」、渡りきると「岐阜県」なのですが
庄川の蛇行で、橋の途中で「富山県」を通過するというクイズに出そうな橋です

この橋を総称して「飛越七橋」
約3km走る間に、県境を7回通過する区間になっています

hietsu.jpg
「東海北陸自動車道」は殆どをトンネル区間で通過していますね

160124112845a2.jpg

160124112845
富山県「相倉集落」を出発して約1時間・・・
岐阜県白川村を走ります
正面奥に「東海北陸自動車道」、「白川郷IC」へのアクセス橋が見えます
更に左奥・・・一段上に「東海北陸自動車道」が見えます

一晩で積雪量が増えていますね

160124113311a2.jpg

160124113311
除雪車が出動しています

160124113450a2.jpg

160124113450
「合掌造り集落」の手前で左折・・・国道156号線から国道360号線に入ります
途中で再度、左折・・・展望台駐車場へ向かいます

国道360号線は、この先、「天生峠」(あもうとうげ)は冬季間、通行止め。
更に白川郷ライトアップ時は、国道156号との分岐点で許可車輛以外通行止めになります

160124113833a2.jpg

160124113833
「天守閣」展望台駐車場に到着

ここで昼食になります

160124113931a2.jpg

160124113931
お食事処 天守閣」です

食事の後、自由に展望台からの眺望を楽しみます

160124114230a2.jpg

160124114230

石割豆腐、鱒の甘露煮、飛騨そば、朴葉味噌、山菜、漬物
黒米入りご飯、味噌汁

山菜は白川の山で採れたものだそうです
地元料理が並びます
(2012年は、こちら。全く変わっていませんね

訪問日:2016年1月23~24日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.02.17 


Secret