サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら
あずさ3号は進みます
160416082707a2.jpg
160416082707
山梨県大月市・・・「桂川」を鉄橋で渡ります

この辺りは河岸段丘になっていて、河川敷のある平地より
数段、高い台地の上を中央本線が走っています

都内では雲が広がっていましたが、山梨県に入ってきて、何となく、快晴っぽい

やはり、日頃の行いの所為?←都合良く考えます

160416084900a2.jpg
160416084900
「笹子トンネル」を抜けて、甲府盆地へ進んできました

「勝沼ぶどう郷」駅を高速で通過・・・
旧ホーム上の桜はすっかり緑色の葉に覆われています

桜の満開時は、通過列車も徐行してくれる事がありますが
葉桜だと一切無視

この駅には何度か訪れましたが・・・
今シーズン、桜の開花状況をチェックする前に満開となり
結局、見に来る事は出来ませんでした

160416085019a2.jpg
160416085019
間もなく「塩山」駅(標高410m)
裾を巻きながら、甲府盆地へ降りていきます

電車は右方向に進行中・・・この後、正面に見える低山の麓を左方向に進みます
低山の向こう側に甲府市街が広がります

その山稜の先には、うっすらと南アルプスの山並みが見えます

160416085856a2.jpg
160416085856
盆地に降りてきました

「山梨市」駅を発車・・・あの菜の花畑です
昨春、その脇の道を歩きました

160416091755a2.jpg
160416091755
「甲府」駅を過ぎ、再び、甲府盆地の西側の裾を上っていきます

ここもお馴染みの「韮崎」駅・・・平和観音の先に、
雪を被った南アルプスの鳳凰三山、甲斐駒ヶ岳が望めます

よく霞んでしまう春だけど、結構、見通しが良さそう

160416092213a2.jpg
160416092213
「新府」の桃畑付近を走行中・・・この辺りは「新府桃源郷」と呼ばれています
車窓からもカメラマンの姿が多数、見えていました

その先には南アルプス、「鳳凰三山」と「甲斐駒ヶ岳」(2967m)


160416092819a2.jpg
160416092819
「鳳凰三山」の一峰、「地蔵岳」(2764m)のオベリスク(地蔵仏)もくっきりと

160416093053a2.jpg
160416093053
車窓左側に八ヶ岳(2899m)

松本へ向かう時、車窓右側に広がる「八ヶ岳」ですが
「韮崎」~「新府」~「日野春」駅間ではジグザグの路線になっていて
車窓左側でも見える機会があります


160416095019a2.jpg
160416095019
「中央本線」で最も標高の高い「富士見」駅(標高955.2m)を発車
諏訪湖に向かって坂を下っていきます

先に見える中央高速道の高架橋をくぐると「茅野」駅(790.3m)に到着です
ここで「あずさ3」号は下車・・・バスに乗り換えです

左手に広がる山並みの中、「杖突峠」を越えるようです
(ツアー行程表に経路は詳しく書いてないもので

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.04.25 


Secret