サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら
ホテルを出発します
160417051445a2.jpg
160417051445
朝5時・・・部屋から外を見ると、雨は降っていない様子

でも、予報によると、午前中は雨、午後遅くなってから回復してくると
さらに低気圧の通過によって、南風が強まるとか。

「雪見の旅」なのに、気温が上がって、雨降り・・・最悪ですね

昨夜から悩んでいたのが手荷物です
使わない物はバスに残置しておいて良いとの事ですが、
その選別に迷っていました

160417055703a2.jpg
160417055703
ラウンジ前のテラス・・・濡れてはいませんね

早速、朝風呂・・・大浴場と露天風呂
一番乗りかと思ったら、先客が居ました

でも、なかなか良い温泉でした

手荷物として雨具・耐寒具をどうするか・・・雪見旅用のフード付きのジャケットと
ライトダウンジャケットを予定していたのですが、更に雨合羽が必要かどうか
(雪見の旅ですし、高山地帯で雨の予想はありませんでした)

雨の場合、タオルも多めに持参したいのですが、雨合羽を入れると無理

そもそも、バッグは背負うタイプとサブバッグを持参していたのですが
どちらで山の上へ向かうか・・・


160417055812a2.jpg
160417055812
6時オープンのレストランは照明がついています
こちらのテラスは雨で濡れていますね

160417060729a2.jpg
160417060729
テラス前の席が空いていました

バスの出発は6時40分・・・あと30分程です

160417060724a2.jpg
160417060724
和洋折衷のおかず

結局、サブバッグで行動する事にしました

雨合羽とマクロレンズはバスに置いていき、
その空いたスペースにタオルを詰め込みます
(タオルはカメラを覆うのに使います)

160417061943a2.jpg
160417061943
デザートはフルーツを

160417063355a2.jpg
160417063355
6時33分、バスはすでにスタンバイ

前日のバスとは別の車両ですが、ナンバープレートが昨日も今日もぞろ目(4桁)です
このバス会社の趣味?
でも、駐車場で探す際は便利です

160417063640a2.jpg
160417063640
席替えがありました

前日は後方左側でしたが、前方右側に・・・
添乗員さんのすぐ後ろです

160417064857a2.jpg
160417064857
「白馬八方温泉」から下って行きます

北(右側)から「唐松岳」(2696m)、「五龍岳」(2814m)、「鹿島槍ヶ岳」(2899m)と
連なる山並み・・・雲は広がっていますが、少し明るくなってきています

160417064942a2.jpg
160417064942
JR大糸線「白馬」駅前を通らず、短絡するルートを走ります

長野オリンピックで使用されたジャンプ台
ラージヒルで原田選手が「ふなきい~」って声援してから
もう18年が経っているのですね

160417070258a2.jpg
160417070258
「青木湖」湖畔のJR大糸線「ヤナバスキー場前駅」付近
「爺ヶ岳」(2670m)方面が望めます

この「ヤナバスキー場前」駅は臨時駅・・・前回、訪れた時は夏だったので休止中
この先、「中綱湖」湖畔の「簗場」駅までテクテク歩いて行きました


160417070823a.jpg
160417070823
「仁科三湖」の一番南側、「木崎湖」

160417071217a2.jpg
160417071217
国道148号線の「木崎湖入口」交差点で右折
いよいよ黒部への道に入ります

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.01 


Secret