サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら
黒四ダムを出発します
160417084728a2.jpg

160417084728

対岸・・・コンクリート壁に沿った階段を登った先にあるのが「展望台」
下った先にあるのが「新展望台」
この日、「新展望台」は強風で閉鎖されていました

小雨が混じる強風の中、黒部ダムのえん堤を渡ってきました
お天気がイマイチだった事もありますが、何か高揚感もイマイチ・・・。

初めて訪れたので、例年、この4月中旬・・・
「立山黒部アルペンルート」の開通直後のイメージが
雪深い山岳地帯・・・と勝手に想像していたからかも

えん堤から見渡す風景も雪は少なくて
そもそも雪ではなく雨が降る事自体、ちょっと違うのでは?と

160417084911a2.jpg
160417084911
ダム対岸には赤沢岳の前衛となる絶壁がそそり立っています

このダムが無ければ、人跡未踏の急峻な谷・・・
到底、一般観光客が足を運べる場所であはありませんね

160417085020a2.jpg
160417085020
「立山」(3015m)の山腹の地下にある「黒部湖」駅に着きました
地下構内は混雑していて、どこで集合しているのか???

「わかば」の旗を探して、一番奥の駅改札前で発見
集合時間にはギリギリ間に合いました

160417090023a2.jpg
160417090023
添乗員さんの努力もあって、9時10分発のケーブルカーに乗車出来るようです
ケーブルカーは20分間隔の運転

160417090658a2.jpg
160417090658
改札口が開いて、ホームに進みます。
駅員さんから「急な階段、ご注意ください」とのアナウンスが頻繁に・・・
確かに急な階段です

160417090950a2.jpg
160417090950
山上の「黒部平」駅からケーブルカーが降りてきました
定員は130名・・・だとか

このケーブルカーを運行する会社の正式社名は
「立山黒部貫光黒部ケーブルカー」・・・「観光」ではなく「貫光」なのですね
特長は、全線トンネルの中・・・景色は一切、楽しめません

160417091310a2.jpg
160417091310
傾斜が判るかなあ?って撮りました

路線の長さは0.8km、高低差は373m
最高急勾配は、587‰(1000mの横移動で587m上ります)
角度で言うと、31度だそうです

160417091318a2.jpg
160417091318
車内は、相変わらず混雑
バス5台分の乗客が、定員130名の車両に全員が乗りきれる訳は無く
・・・その分、「黒部湖」駅で滞る人が出ます

個人で来ていたら、早々に順番待ちに並ぶ必要もあった筈だし
ツアーの場合、添乗員さんが先に確保してくれているのでしょう
その意味でも、個人で行くならツアーに加わった方がお奨めなのかも

160417091732a2.jpg
160417091732
「黒部平」駅に着きました・・・標高は1828m

ポッカリ開いたトンネル口・・・転げ落ちたら、エライ事です

160417091810a2.jpg
160417091810
乗車ホームに窓があります・・・何か、雪っぽいぞ

160417092024a2.jpg
160417092024
駅舎の外に出ると・・・「雪見の旅」、本番ですね

写真撮影より先に添乗員さんから
「記念撮影が先。フリータイムはその後です」と・・・
団体旅行の義務のようです

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.05 


Secret