サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

暗いトンネルの中を走る・・・という悪条件での撮影で
ボケてて見づらい、反射している写真が多い事、ご容赦ください

室堂へ出発します
160417102829a2.jpg
160417102829
標高2318mの「大観峰」駅・・・「立山トンネルトロリーバス」で
標高2450mの「室堂」駅へ向います

最初に乗車した「関電トンネルトロリーバス」とは異なり
全員着席のようです

160417103136a2.jpg
160417103136
当初、トロリーバス路線のトンネル部分は直線だと思っていたのですが
「関電トンネル」、「立山トンネル」共にカーブが存在しています

難所を避けるべくコースを変更した箇所もあるそうです

160417103205a2.jpg

160417103205
「大観峰」と「室堂」の両駅間は3.7km、標高差132mを10分で結びます

160417103312a2.jpg

160417103312
「関電トンネル」同様、破砕帯部分の照明は青いライトに変わります
この部分の突破に13か月かかったとか

160417103401a2.jpg

160417103401
走り出して4分あまり・・・「立山直下」と掲示されていました

ここから上、600mの所に「立山」(雄山:3003m)の頂上があるそうです

160417103425a2.jpg
160417103425
「立山直下」部分は道幅が広くなっています
「大町トンネル」同様、対向車との行き違い施設です

160417103826a2.jpg
160417103826
「室堂」駅に到着しました

朝から様々な乗り物に乗り、都度、展望を楽しんできたのに
まだ、朝の10時半過ぎです・・・1日が長い

160417103936a2.jpg
160417103936
ホームから駅構内に出てくると・・・大勢の観光客

ちょうど、長野側からと富山側から、双方の観光客が
行き交う時間帯なのかもしれません

160417103959a2.jpg
160417103959
「室堂ターミナル」はアルペンルート内で最大規模の施設。
レストラン、ティーラウンジ、展望テラスが設備されています
その隣にはホテル、周囲には山荘が建っています

160417104210a2.jpg
160417104210
添乗員さんから「出発予定は12時20分発のバスになります」と・・・約100分の滞在
それともうひとつ
「大谷ウォークは強風のため中止になりました」と
それが目的のツアーだったのに・・・

先程、「大観峰」駅で掲示していた情報は、ガセだったそうです
となると、1時間40分あまり、どう過ごせば良いのでしょうか
他の皆さんも行き場を失って、レストランもラウンジも大混雑だし・・・

そう言えば、添乗員さんから「大谷とは比べられないけど、小谷もあります」と一言。
大混雑する建物内に居るよりは、そちらの方が・・・と3階へ上がってみます

160417105351a2.jpg
160417105351
3階(屋上)のドア付近・・・大勢の人で混雑
なぜか、外に出ないで眺めているだけ・・・

その隙を縫って、外に出ました

すると、ものすごい強風・・・顔面に何かがバチバチ当たってきます
雪は降っていないから、積もった雪の粒???

何ですか、コレは?

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.08 


Secret