サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら
屋上に出ます
160417105732a2.jpg
160417105732
1階がバスターミナル、2階が売店、レストラン
その上が屋上展望台となっている「室堂ターミナル」

展望台への出入口は大混雑
先頭の人たちが出るのをためらっている様子です

例によって、かき分けて出ると・・・
ここが屋上展望台?

160417105655a2.jpg
160417105655
広場の先に柵があるので、構造物の上だと判ります
多分、屋上の手すりなのだと思うのですが、その先に竿が立てられています
屋上まで雪が積もっているのかもしれません

それを確かめてみたい気もするのですが、
自分の足場も確保出来ない強風で、とてもとても

自撮りしている人もいますが・・・
風上に背を向けて、耐えている人
耐えられず避難する人・・・

160417105605a2.jpg
160417105605
建物の平面図を見ると・・・確かに、ここは屋上で
この下はレストランになっています

その屋上に目印兼進入禁止のポールとロープが張り巡らされているなんて

160417105951a2.jpg
160417105951
とにかく正面からの風が強いです

吹きつけている間は風下を向いて耐えるのですが
滑る雪面で押されてしまう事もしばしば

160417105746a2.jpg
160417105746
大の大人でも転倒者が続出しています
子供は親が手を離したら、飛ばされてしまいそう・・・

写真が撮れるのは風が落ち着いた一瞬だけ
デジタル一眼は無理、コンパクトデジカメがやっとです

強風の時は、カメラを構えたりとか、一切出来ません
足に力をいれて、重心をひたすら下げて耐えています

160417110033a2.jpg
160417110033
向こう側からは歩いて来れる様子

追い風なのもあるでしょうが、顔面に当る氷粒が無いからかな?

160417110345a2.jpg
160417110345
風下からは、雪粒がバチバチ顔に当るため
強風の間は、フードで遮るのに必死

こちらから「雪の小谷」へ向かうのは諦めて、一旦、階下に降ります

160417112912a2.jpg

160417112912
1階ターミナルに降ります・・・
窓の外を見ると、バスが到着

降車した途端、強風にあおられてバランスを崩す乗客が続出
係員が、飛ばされないように介助しています

この状況で屋外の「雪の大谷」を歩くのはとても危険なのが納得


160417113124a2.jpg
160417113124
バスターミナル前の駐車場は除雪されています

除雪車の横には高い雪の壁

160417113702a2.jpg
160417113702
1階のターミナルから渡り廊下を通って「自然保護センター」へ向かいます

ホンの10m弱の間だけ屋外を歩くのですが、
危険防止のロープが張られています
先程の駐車場は強風で見通しが全くありません

160417113713a2.jpg
160417113713
渡り廊下から見たターミナルの建物

あの2階の上が展望台の筈・・・その上に数m、雪が積っています

160417113653a2.jpg
160417113653
「自然保護センター」から「雪の小谷」をめざします

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.10 


Secret