サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

バス窓が色つき熱線吸収ガラスで実際の色合いと異なっています
ご容赦ください


「室堂バスターミナル」です
160417120502a2.jpg
160417120502
「室堂ターミナル」12時20分発のバスを待つ列です

10時40分頃に到着して、約1時間40分の滞在・・・
メインイベントの「雪の大谷ウォーク」が強風で中止

屋外に出られず大混雑している中、どうやって100分もの時間を過ごすのか
危惧していたのですが、「雪の回廊」で暴風体験が出来ました

この後、「立山高原バス」で「美女平」駅まで下って行きます
この「室堂」が標高2450m、「美女平」が977mなので、
1473mも下る事になります

乗車を待つまでの間、添乗員さんとの会話で
「今日は長くなりそうです」との意味深な発言

「大谷ウォーク」が中止になった分、富山着が早くなり、
新幹線乗車までの時間調整が難しいのかな?と思ったのですが・・・
160417121437a2.jpg
160417121437
バスに乗車します
駐車場の周囲は、雪の壁です

着席する際、迷ったのがどちら側の席につくべきか
2車線の道で大谷の雪壁を見る場合、右側の席が視界が広がる筈です

が、パンフ等の写真を見ると、2車線の内、左側が歩行者用、右側がバス道に。
2車線でも、バスレーンが限定されているなら、左座席の方が視界が広がります

ならば、左だ

160417121502a2.jpg
160417121502
バスが発車・・・ターミナル前の広場を出ます

先の方に黄色いセンターラインが見えます
向きはそのラインの右側のゾーン・・・想定通り

160417121530a2.jpg
160417121530
本線に入ると・・・
左側通行?

160417121621a2.jpg

160417121621
眼前に接近した「雪の壁」・・・
この辺りが、高さ15mになるという「雪の大谷」です

「ウオーク」が中止の場合、普通に左側通行に戻るようです
さらに・・・撮った写真のピントはバス窓の水滴に・・・

160417121706a2.jpg
160417121706
雪壁の間を走りますが、時折、屋根や側面に
唸る強風と共にバチバチと雪が当る音が車内に響きます
思わず、乗客から声が出ます

正面を見るとホワイトアウト状態・・・視界が遮られてバスも徐行運転

160417121946a2.jpg

160417121946
「雪の大谷」を過ぎて、やっと少しだけ判る写真
・・・この間、ボツ写真の屍が累々

160417122342a2.jpg
160417122342
時折、視界が開けます

周囲に山岳が見えるので、富山平野ではなく
この先、通る緩斜面地帯のような感じです・・・弥陀ヶ原(みだがはら)でしょうか

160417122347a2.jpg
160417122347
雪原の中、溝が通っています

これから通るバス道のようです・・・
「大谷」ほどではなくても深そうな除雪跡ですね

麓から除雪車が延々と、作業をしてきた訳ですね

160417122402a2.jpg
160417122402
バスはジグザグ道を下っていきます
見えるのは北の方角…でしょうか

「剱岳」(2999m)から続く尾根・・・「大日尾根」
「奥大日岳」(2611m)、「大日岳」(2501m)等のピークがあるそうです

160417122455a2.jpg
160417122455
雲の位置が大分、高くなってきました

出発地点の「室堂」の周囲は真っ白でした・・・
あの雲の高さ位に位置していたのかもしれません

160417122538a2.jpg
160417122538
雪壁をよく見ると、立体的な模様があります

バックボウ?(工事現場でよく見るパワーショベル車)
それともロータリー除雪車の作業跡でしょうか?

アルペンルートの除雪方法はこちら

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.12 


Secret