サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら

バス窓が色つき熱線吸収ガラスで実際の色合いと異なっています
ご容赦ください


「美女平」に下っていきます
160417122611a2.jpg

160417122611
標高2450mの「室堂」から977mの「美女平」を結ぶ「立山有料道路」・・・
2012年9月より「美女平 天空ロード」との愛称がついたそうです

この斜面の上部が、バスに乗車した室堂・・・だと思われます
快晴だと、雪に反射した光が眩しすぎて、雪目になる恐れもあるのでしょう
・・・なので、色つき窓ガラスも致し方ありませんが、
撮った画が古~い写真のようになってしまいます

160417122757a2.jpg160417122757
雪の壁も大分、低くなってきましたが、まだ2mはありそう

160417122833a2.jpg
160417122833
天気も回復?
陽射しも出てきましたね

バスの正面窓だけが普通の窓ガラスなので、自然の色が判ります

160417122917a2.jpg
160417122917
「弥陀ヶ原ホテル」の建物・・・標高1930mに建つそうです
営業は4月10日から11月3日まで、だそうです

160417123041a2.jpg
160417123041
大分、下ってきましたが、
吹き溜まり部分?にはまだまだ深い雪が・・・

160417123136a2.jpg
160417123136
先の方に小さな建物が・・・追分料金所のようです

ここから「美女平」までは一般県道で、「美女平」から「芦峅寺(あしくらじ)」まで
再び、有料道路となっています
但し、この道路はマイカー規制で、通行するのは路線バスか
観光バス、営業用マイクロバス、緊急車両等々・・・

160417123505a2.jpg
160417123505
右先に広がるのは、富山平野?

160417123525a2.jpg
160417123525
南の方角・・・立山カルデラの山並みでしょうか
南側で、雪を被った山と言うと、
端正な形の「鍬崎山」(2090m)のような気もしますが・・・。

160417123630a2.jpg
160417123630
空の高い所を見渡せてきました
青空が広がってきます

160417123640a2.jpg
160417123640
ここから先は「七曲」・・・同じようなヘアピンカーブが7回続くそうです
標高は1750m付近

160417123649a2.jpg
160417123649
連続したカーブが見えてきました
道の脇の雪も大分、少なくなっています

「室堂」でのお天気が嘘のような青空が広がっています

160417124401a2.jpg
160417124401
樹林の数も増えてきた感じ・・・この辺りが森林限界のようです


160417124452a2.jpg
160417124452
先の方に、大きなヘアピンカーブ・・・標高1530m位

積雪地域の終端まで下ってきたようです

160417124819a2.jpg
160417124819
添乗員さんから「称名滝(しょうみょうだき)が右側に見えるかな~?」とアナウンス

よく判らないまま、左側窓側座席から、右の車窓の先を撮影してみると
滝っぽいのが見えます

訪問日:2016年4月16~17日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.13 


Secret