サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雪見の旅・黒部」のトップ記事は
こちら
富山駅に着きました
160417160021a2.jpg
160417160021
夕方4時・・・富山駅に着きました
北口広場、左端に「ライトレール」が到着するところです

乗車予定の新幹線の発車時刻まで、まだ2時間半もありますが
この日、吹き荒れた暴風の影響で、つい先ほどまで
北陸新幹線の長野-金沢間が運転見合わせでした

15時過ぎ頃から運転再開されましたが、予定の新幹線に
乗れるのかどうか?
その前に、乗車予定の「はくたか574」号が運転されるのでしょうか?

160417161218a2.jpg 160417161218
添乗員さん・・・
「(駅に行って)JRに状況を聞いてきます」

「(戻るまで)おそらく・・・30分はかかると思います」

「その間、(バスを)降車してトイレ、買い物は自由です」

「(仮に新幹線に)乗れても時間が判らないし、車内販売も
混雑で予想出来ないので、飲み物、食べ物を買っておいてください」

「尚、30分後には必ずバスに戻っていてください。
予定変更してすぐに臨時の新幹線に乗る事もあるので」

と、緊張感ある言葉を残して、駅へ走って行きました
(添乗員さんは女性の方です)

160417162452a2.jpg
160417162452
駅売店で、富山名物の「ますの寿司」の小分け版とお茶ペットを購入

扇沢から回送されてきたランチ用のお弁当と、新幹線車内で飲む用の
アルコールと手持ちの食料が一杯の状態になっています

この先、バスを降りたら、全ての荷物を持たないとならないのに・・・
大荷物状態です

160417162551a2.jpg
160417162551
全国的に有名な「富山ライトレール」

添乗員さんがJRとの交渉を終えて、戻ってきました
予定通り「はくたか574」号で東京へ向かうとの事

当初、心配していた車両の手配・・・
北陸新幹線は運転本数が少ないので、運転再開されると順次、編成を送り込めると。

5分間隔の東海道新幹線だと、車両運用も細かいし、九州まで延びる路線なので、
車両手配が回復するまで時間を要するのですが・・・
北陸新幹線は運行本数が少ないので、その点では助かりました

160417164236a2.jpg
160417164236
新幹線が確保出来て、一安心
でも、乗車までまだ2時間あります

添乗員さんと運転手さん、それと運転手さん所属のバス会社さんとの
打ち合わせで・・・サービス観光、第2弾。

「富山城址」を見学する事になりました
添乗員さん、こういう緊急時のためのオプショナル的な
観光地情報も必要なのですね

北口側を出発して、富山駅南口側を抜けていきます
市内電車の電柱?が格好いい

160417164943a2.jpg
160417164943
お城だから、もしかして天守から北アルプスの山並みが見れる・・・
と思ったら、添乗員さん
「時間が遅くて、天守には上がれませんので」と

訪問日:2016年4月16~17日
つづく(全26回)
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.18 


Secret