サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
山岳地に入ります
160521095350a2.jpg
160521095350
長野駅前を出たバスは、「善光寺」の門前町の脇を抜け、市街地を北上
・・・長野盆地(善光寺平)の縁へ向かって、緩やかに上っている感じ

長野駅から20分程、走行して県道37号を左折すると、運転手さんから
「これから山間地に入りますので、お立ちの方はご注意を・・・」のアナウンス

いよいよ「戸隠連峰」の懐へ入っていきます

「戸隠」へのバスは現在、3ルート
「ループ橋経由」、「バードライン経由」、「県道経由」です

時刻表を見ると、「ループ橋」と「バードライン」は
平日と休日で運行形態が大きく異なります
この日・・・土曜日は、休日運転で全てのバスが「ループ橋」経由

でも、この「ループ橋経由」は地図で見る限り、
一番、遠回りと思われるルートです

160521095511a2.jpg
160521095511
左折してから3分余り・・・
橋を走行していると、更にその上に橋がオーバークロスしてきます


160521095518a2.jpg
160521095518
「真光寺ループ橋」です

160521095533a2.jpg
160521095533
まずは360度回転して、2段のループ道の上段に上がります

160521095609a2.jpg
160521095609
上段に上がったら、更に右へ180度カーブ

160521095620a2.jpg
160521095620
左奥にダムが見えます・・・「浅川ダム」です

160521095701a2.jpg
160521095701
続いて、左へ180度カーブ・・・大きくS字カーブを描いて、
そのまま「八櫛トンネル」(424m)に入ります

地図計測では、ループ橋の起点部が標高約490m、このトンネル入口が約580m
このループ橋で90mの高度をかせぎました


160521095746a2.jpg
160521095746
続いて、長い「飯綱トンネル」(1006m)を抜けていきます

2016togakushi.jpg 起点の長野駅は右下、目的地の「戸隠中社」は左上に位置しています

戸隠へのバスの3路線
緑の:県道経由
茶の:ループ橋経由
紫の:バードライン経由
バードラインは1985年に発生した地滑りで一部廃道となり、迂回路経由となりましたが
「七曲り」と呼ばれる難所が存在していて、ネックとなっていました
(3年前の訪問時、復路で通行していました)

道のりが長い「浅川ループライン」ですが、全線2車線のメリットの方が大きく
バスの場合は、こちらがメインルートになりつつあるようです

記事作成に時間が無く、暫くの間(次の週末まで)
簡易な内容になります事、ご容赦下さい


訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.27 


Secret