サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
高原に上がってきました
160521100918a2.jpg
160521100918
「浅川ループライン」の終端部が見えてきました

前方の案内板に出ている「戸隠~信濃町」は県道404号線
戸隠へ向かうバスは当然、左折します

その先に見える山・・・「飯縄山」(いいづなやま)(1917m)
端正な姿をしています
地名は「飯綱」ですが、山名は「飯縄」です
左側のピークが、「飯縄山南峰」(1909m)、正面が「飯縄山」・・・かな?

戸隠山、黒姫山、妙高山、斑尾山とともに
「北信五岳」と呼ばれているそうです

160521101228a2.jpg 160521101228
「飯縄山」の南山麓に広がるのが、「飯綱高原」
標高は1000m前後・・・。

スキー場の脇を抜けて行くと「大座法師池」(だいざほうしいけ)
ここで「戸隠バードライン」に合流します

この池は、あの「ダイダラボッチ」が「飯縄山」に腰掛けて、足を踏み出した足跡に
水が溜まったとか・・・また、あの「ダイダラボッチ」です

会津の「二岐山」(ふたまたやま)では、飛び越える際、山頂に股間の一物をぶつけて
山頂が2つに分かれてしまったとの逸話が残ってて・・・
会津、戸隠・・・あちこちを巡っているようです
(で、私も偶然、その地を続けて訪れています)


160521101309a2.jpg

160521101309
アップダウンの気持ちの良い道筋

車窓の景色だから良いものの、歩きや自転車だったら嫌になっちゃう道


160521101859a2.jpg
160521101859
新緑の5月・・・緑が鮮やかです

160521102223a2.jpg
160521102223
まもなく「県道経由」のバスルート・・・県道76号との合流地点です
右側に急峻な岩山が見えてきました

もしかして、あれが「戸隠山」
3年前に来た時は、雲の中で全く姿を見せず仕舞いでした
晴れていれば、途中道でも見る事が出来たのですね~

かねがね写真ではお見かけしていましたが・・・
初めてお目にかかります
崖の所々に残雪がありますね


160521103333a2.jpg

160521103333
正面に大きな鳥居が立っています
「戸隠中社」です

戸隠神社参拝の中心地なので
ここで降りる人が多い・・・と思っていたのですが
意外な程、少ないです
皆さん、奥社まで行くのかな


160521103905a2.jpg
160521103905
「中社」から6分ほど、森の中を走ります

道端に多くの車が停車中・・・「戸隠奥社入り口」です
時刻表では10時39分着・・・ぴったし、39分に到着です


160521103943a2.jpg
160521103943
ここからは奥社参道を歩きます

と・・・参道入口の休憩所を見ると、欧米系の外国人が20人以上
他にも観光客が沢山居ます

前回訪問時は、2、3人しか居なかったのに・・・
戸隠奥社は世界的に著名になったのでしょうか


記事作成に時間が無く、暫くの間(次の週末まで)
簡易な内容になります事、ご容赦下さい


訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.28 


Secret