サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
まずは、奥社へ向かいます
160521103950a2.jpg

160521103950
「戸隠奥社入口」のバス停付近には、数多くの車が駐車中
すでに多くの人が訪れているようです

さらに「奥社入口」と「大鳥居」の間にある休憩所には
大勢の欧米系の外国人グループ
すでに歩いてきたのか、これから向かうのか判りませんが
売店で販売しているスナック類を頬ばっています

この先「奥社」までは1本道・・・大人数とずっと一緒なのは
たまらないので、先を急ぐ事にします

160521104111a2.jpg
160521104111
「大鳥居」の前の橋を渡ります
小さな流れは「鳥居川」・・・「千曲川」の支流です

前方は閑散としていますが、背後は大騒ぎ状態


160521104152a2.jpg

160521104152
3年前の訪問時は曇っていて、かなり暗い雰囲気でした
時期が7月だったので木々の葉が鬱蒼としていたのかもしれません

でも5月はまだ葉も生育途中のようで、光が射し込み明るい参道です


160521104726a2.jpg
160521104726
「奥社」までは約2kmの道のり・・・
途中にある「随神門」までは1.1km

ほぼ中間にあるので、行程の目安となる場所です


160521105049a2.jpg

160521105049
バス停の標高が1215m、「随神門」の標高が1241mですので
標高差は26mと傾斜は殆ど感じません

ちなみに目的地の「奥社」の標高は1350mを越えます・・・
「随神門」との標高差は110m
この先は、これまでとは異なる傾斜だと誰でも想像できますね


160521105305a2.jpg

160521105305
歩き出して、10分ちょっと・・・「随神門」に着きました

160521105345a2.jpg

160521105345
「随神門」の先に巨大な杉並木が伸びています
参道の人の姿を比べると、その巨大さを実感できます

樹齢約400年を越える、天然記念物の杉並木です


160521105417a2.jpg
160521105417
坂道を歩くのは久しぶり・・・どうなる事やら

記事作成に時間が無く、暫くの間(次の週末まで)
簡易な内容になります事、ご容赦下さい


訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.05.29 


Secret