サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
奥社から下ります
160521113257a2.jpg

160521113257
「戸隠奥社」で10分ほどの休憩をして山を下ります

前回の訪問時と異なり、良いお天気に恵まれました
この先、鏡池、硯石と景観の良い場所を訪れる予定・・・
山のお天気は変わりやすいので
この良いお天気が維持されているうちに訪れたいという
気持ちが足を早めます

160521113550a2.jpg
160521113550
石段、坂道が終わり、平坦な道に入りました

途中、小さな子を連れた家族連れとすれ違いました
お父さんが小さい妹を抱っこ、お母さんが幼稚園くらいの
男の子の手を繋いで歩いています

男の子はすでに疲れたようで(抱っこしてと)駄々をこねてます
この先の坂道、あの石段を上がることが出来るのかな?と
人ごとながら心配


160521113746a2.jpg

160521113746
「随神門」が近づいて来ます

周囲の杉並木が巨大なので、ピンと来ませんが
門自体もかなり大きな建造物です


160521113905a2.jpg
160521113905
茅葺きの屋根には草木が生えています

160521114018a2.jpg
160521114018
地図中央下部に「現在地」と・・・。

このまま真っ直ぐ(上方へ)進むと、「奥社入口」のバス停ですが
ここから右折して「戸隠森林植物園」を経由して「鏡池」へ向かいます
(鏡池は右方向・・・この地図には載っていません)


160521114143a2.jpg
160521114143
「熊よけ鈴」は前回も持参しました

この道は参道と比べ、歩く人が少ないです
(と、言うか、誰も居ない事がしばしば)

今年は人が熊に襲われたというニュースを
頻繁に聞きますし・・・ちょっと緊張しながらの歩みです


160521114342a2.jpg
160521114342
鈴を鳴らしながら、2分ほど歩くと分岐点です
ここで左折・・・。

160521114811a2.jpg
160521114811
誰もいない散策路・・・
「熊よけ鈴」の音より、賑やかな鳴き声に包まれています

蛙みたいなのですが、木々の上の方からも沢山・・・
鳥とは全く違う鳴き声・・・何でしょう

心配なのは、折角、鳴らしている鈴の音に
クマさんが気付かず、バッタリ出会ったしまう事

訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.06.01 


Secret