サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
「戸隠森林植物園」を歩きます
160521114957a2.jpg
160521114957
「戸隠奥社」への参道から分かれ、
「戸隠森林植物園」の散策路を歩いています

「植物園」と言っても、塀があるわけでもなく
無料で巡る事が出来ます

ただ、道端には「熊には注意」の看板が・・・
無闇に散策路から離れたら、危険
「熊よけ鈴」を鳴らしながらの歩みです

160521115028a2.jpg
160521115028
この案内板では、上方中央部に「随神門」が位置しています
(この向きが実地と近い方位ですね)

下方(実際には南南西の方角)に進み、左折して赤文字の「現在地」に到着


160521115045a2.jpg
160521115045
お目当ては「水芭蕉」・・・一面に広がっているのだとか

例年、5月のGW以後が見頃になるそうです


160521115234a2.jpg
160521115234
「水芭蕉のこみち」を歩きます

あれ?
巨大に成長した、水芭蕉らしき葉っぱしか無い

確かに「水芭蕉」のは一面に広がっていますが、花はどこ?


160521115428a2.jpg
160521115428
すでに花は終わってしまった?

160521115458a2.jpg
160521115458
立派に成長した、水芭蕉の葉っぱが広がります

(後で調べたら、暖冬?で例年より10日ほど早く季節が移り変わってて
・・・既に花は終わってしまっていました


160521115658a2.jpg
160521115658
先の地図掲示板とは方角の向きが変わります
「随神門」は中央下部に位置しています

「植物園」のほぼ中央の「現在地」に居ます
(地図下方を通る)「鏡池」への散策路に戻る事にします


160521115727a2.jpg
160521115727
楽しみにしていた「水芭蕉」の花が無くて、がっかりしていた所に追い打ち
この先は「高台」へ上るコース


160521115857a2.jpg

160521115857
前回、「随神門」から「鏡池」へ歩いた際、
後半部以外、上り坂は無かったのに・・・

こんな所で上らされるとは


shokubutuen.jpg わざわざ、「高台」に上がって、再び下る・・・という散策路
特に眺望も良くないのに無駄に疲れた気分です

地図内の地名記載・・・「高台台地」ではなく「高台園地」でした


訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.06.02 


Secret