サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
小鳥ヶ池から中社へ
160521132259a2.jpg
160521132259
「小鳥ヶ池」の奥に戸隠連峰が広がります

名前の通り、「野鳥」の姿がよく見られるとか・・・
この池へのアクセスは、人が歩く散策路しかなく、
車で訪れる事が出来ないため、「鏡池」より観光客は少ないそうです

って、言うか、誰も居ません

160521132440a2.jpg
160521132440
この池も、「鏡池」同様、池面に戸隠山の姿を映し出すシーンが有名です

「鏡池」より狭いので、風も弱いかも・・・と期待して訪れたのですが
池面は風で揺れていました


160521132607a2.jpg
160521132607
左から「八方睨」(1900m)、その右、2つめ?のピークが「戸隠山」(1904m)
そこからずーっと右へ移動して、「九頭龍山」(1883m)
(ピークが沢山有って、どれだか確信はありませんが、多分、真っ正面の高い方
一旦、下って、独立峰っぽく右端に「五地蔵山」(1998m)

160521132617a2.jpg
160521132617
池の周囲には1周出来る散策路がありますが、
戸隠山とのシーンはこの南側の堤防上がベストのようです

160521132734a2.jpg
160521132734
東岸には、屋根付きの休憩所もあります

木陰もあって、のんびりできそうな趣きです

160521133224a2.jpg
160521133224
池面が穏やかなら、このように見えるそうです

160521133449a2.jpg
160521133449
ひと休みして、「中社」のバス停へ向かいます

「中社」へは「足神さん」を経由・・・。


160521133918a2.jpg
160521133918
途中、真っ直ぐ進む道と下る坂道の分岐があって・・・
迷った挙げ句、坂道を選んだら、集落に出てしまいました


160521134037a2.jpg

160521134037
集落の中を、「中社」への見当を付けて進むと
石段とお社が・・・。


160521134052a2.jpg

160521134052
ここが通称、「足神(あしがみ)さん」です
正式には「足神社」

硯石」に溜まった水に顔を映した「おまん」が自害・・・
その亡骸を葬ったのがこの場所だそうです


160521134456a2.jpg
160521134456
集落の脇道を抜けると「戸隠中社」に到着です

時間は13時45分・・・バス停の時刻表を見ると
13時30分に出たばかり

次のバスは、14時30分・・・あと45分もあります

訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.06.08 


Secret