サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
蝉の声?
160522082553a2.jpg

160522082553
8時22分、戸隠・みどりが池から鏡池へ向かいます

「みどりが池」周辺では、野鳥観測のグループの姿が見られましたが
散策路に入ると、ひとりぼっちの時もしばしば

用心のため、「熊避け鈴」を鳴らしながらの歩行です
その鈴の音よりも響いているのが、何かの鳴き声
水源近くの木枝に産卵するというモリアオガエルの声かと思ったのですが、
水源の無い樹木の上部からも響いています

調べてみると、「春ゼミ」の可能性が・・・
例年だと5月下旬頃から鳴き出すそうですが、
今年は2週間近く早まっているそうです

その「春ゼミ」の声が、グルッと360度から聞こえていて
折角の「熊避け鈴」の音が消されてしまっています

鈴音に気付かなかった熊と遭遇しませんように・・・
160522082849a2.jpg
160522082849
8時28分、「高台園地」に着きました

前日、「ミズバショウ園」から階段を上がりましたが
「小鳥ヶ池」からは殆ど傾斜を感じませんでした

水源が必要な「ミズバショウ園」は低い窪地に位置していたのかも


160522083227a2.jpg
160522083227
樹木の間から「戸隠連峰」の岩壁が望めます

昨日と異なり、散策客とすれ違います
野鳥観測のようなので、人の姿が見えた時は「熊避け鈴」を停止


160522083453a2.jpg
160522083453
かなり大きくなってしまっていますが、ミズバショウが一輪

160522083723a2.jpg

160522083723
8時37分、随神門と鏡池を結ぶ散策路に合流

向きが変わって、南西方向に進みます


160522084651a2.jpg
160522084651
前日も見た「おたまじゃくし」

160522084804a2.jpg
160522084804
「おたまじゃくし」の淀みにも木々が映り込んでいます

160522084826a2.jpg
160522084826
「戸隠連峰」・西岳に連なる「本院岳」(2030m)の
特徴あるピークが望めます


160522084935a2.jpg
160522084935
最後の階段を上がると、「鏡池」が見えてきます

「戸隠連峰」の姿は申し分なし
池面は、どうでしょう・・・


訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.06.16 


Secret