サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
硯石から下ります
160522094346a2.jpg
160522094346
北アルプスの眺望が開けますが、時間が経つにつれて霞んできたような感じ
気温が上がってきたからなのでしょうか・・・
やはり遠景を望むのは、
空気が冷えている早朝がベターなのかもしれません

この「硯石」から「小鳥ヶ池」までは、直線距離で400mほどで
標高差は約70m・・・一気に下ります

160522094833a2.jpg
160522094833
「小鳥ヶ池」への分岐点に着きました
「硯石」から「小鳥ヶ池」へはOKですが、逆に
「小鳥ヶ池」から「硯石」に辿るのは、個人的には絶対拒否です
途中でバテて登れなくなる事、確実・・・

「小鳥ヶ池」は「鏡池」より周囲が樹林に囲まれているし
面積も狭い・・・なので、鏡のような静かな水面が期待できます


160522094939a2.jpg
160522094939
「小鳥ヶ池」が見えてきました

・・・・あれ


160522094957a2.jpg
160522094957
予想に反して、池面が僅かに波立っています

160522095009a2.jpg
160522095009
「鏡池」では見る事の出来なかった、戸隠山の東側
・・・「五地蔵山」(1998m)も見えます

雲ひとつない快晴、山姿もばっちりなのに・・・


160522095038a2.jpg
160522095038
戸隠山の岩峰をズームしてみます

真正面のピークが「九頭龍山」(1883m)のような・・・。


160522095225a2.jpg
160522095225
左側のピークが「八方睨」(1900m)
右へ「戸隠山」、「九頭龍山」と続いて、「五地蔵山」に連なります


160522095246a2.jpg
160522095246
あとは「中社」からバスに乗って長野駅へ向かうだけなので
風がおさまるのを待つ事に・・・


160522095704a2.jpg
160522095704
戸隠山の西側手前に広がる低山地帯・・・樹木の色合いが面白いです
丁度、針葉樹林と広葉樹林の境目のような雰囲気

もしかしたら、この低い山の頂上部に「硯石」が?
上り下りしている時は、もっと険しい印象だったのですが・・・


訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.06.22 


Secret