サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「今度こそ」のトップ記事は
こちら
時間調整です
160522102640a2.jpg

160522102640
昼間は毎時30分発だと思っていたバスの発車時刻
それに合わせて、到着したら・・・10時台だけ「10分発」

次の発車は11時30分・・・想定外に1時間20分も空いてしまって
戸隠の神社を巡りながら、先のバス停まで歩く事にしました

「中社」から「火之御子社」までは0.9km、
「宝光社」までは1.4km

ただ、「火之御子社」と「宝光社」は同ルート上にある訳ではなく
一旦、分岐して再び戻ってくる・・・なので、実質3km弱の歩みでしょうか

160522102750a2.jpg
160522102750
「中社」前の広場からしばらく、飲食店や民宿の並ぶ道筋なのですが
高低差が半端ない
下った後の撮影ですが・・・階段にしても良いほどの急勾配です
これは、逆(下側)からのコースだと、かなりキツい


160522102902a2.jpg
160522102902
道上のマンホールの蓋
戸隠山をバックに2羽の鳥と白樺・・・でしょうか
合併前の旧「戸隠村」の頃の物だそうです
(現在は、長野市)
日本のマンホールのデザインは様々で、世界でも評判だそうですね

地図上の計測ですが、「戸隠中社」前の広場が標高1200m
「火之御子社」が約1145m、「宝光社」の石段前が1060m
「宝光社」バス停が1030m

バスで「宝光社」で降りて、「中社」まで散策するとなると
170mの標高差を上る事になります・・・ウヘ~ッ


160522103105a2.jpg
160522103105
途中にあった道標
片方は「中社・奥社」ですが、反対側は長野市街の「善光寺」です

「善光寺」の標高は400m・・・道のりもそうですが、勾配もキツイ
歩いての参拝は大変だったのでしょうね


160522103112a2.jpg

160522103112
民家が無くなると、墓地の横を・・・

160522103217a2.jpg

160522103217
バスが通る道と平行している筈なのですが・・・
でも、確かに人通りは僅かだし、念のため、「熊避け鈴」をスタンバイ


160522103234a2.jpg

160522103234
次第に樹林の中へ向かう感じです
車の轍が微かに残っているのですが、最近、走った感じとも違いますね


160522103458a2.jpg
160522103458
完全に森の中の道となりました

この先を左折するようです


160522103506a2.jpg

160522103506
「宝光社」ルートを外れて「火之御子社」へ向かいますが
所持していた地図(↓)とちょっと違うような・・・

地図上で「火之御子社」へまっすぐ伸びた道は、先ほどの墓地から
分岐した形ですが、↑の標識は更に進んだ箇所にありました


hokosha.jpg

訪問日:2016年5月21~22日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.06.26 


Secret