サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「蓮の里」のトップ記事は
こちら
巡ります
160626072850a2.jpg
160626072850
埼玉県行田市にある「古代蓮の里」

梅雨まっただ中ですが、運良く休日の晴天
青い空に蓮の花が映えます

160626072716a2.jpg
160626072716
蓮の花も太陽の光を全身で浴びているかのよう・・・
花の命は4日間なので、陽射しを見ずに散る花もあるのでしょうね

160626073051a2.jpg
160626073051
まだ、朝7時半なのですが・・・暑い
すでに25度を越えているようです

160626073251a2.jpg
160626073251
夏場なら、「へ」とも思わない気温の筈なのですが・・・
まだ身体が順応していないのか、やけに堪えます

もう帰ろうかな・・・

160626073418a2.jpg

160626073418
水生植物園を出て、バス乗り場に戻ってきました

この時間帯、シャトルバスは1時間10分間隔・・・次は8時20分発
50分ほど有ります

160626073626a2.jpg
160626073626
陽射しに照らされて、へろへろですが、
バス停近くの「世界の蓮園」を見て、時間調整をします

「輪王蓮」(りんのうれん)
白色の中に、淡黄色が入る・・・そうです

160626073759a2.jpg
160626073759
「錦蘂蓮」(きんずいれん)・・・「蘂」が読めません

花弁数が100~120枚もあるそうです・・・数えたのですね~

160626073938a2.jpg
160626073938
「原始蓮」(げんしばす)
花色は濃いピンク色
退色が早く、花弁の付け根付近は白
条線が鮮明・・・なのが特徴のようです

訪問日:2016年6月26日
つづく(全6回)
関連記事
スポンサーサイト

2016.07.05 


Secret