サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「10度で避暑」のトップ記事は
こちら
大谷資料館です
160709104318a2.jpg
160709104318
栃木県宇都宮市大谷にある「大谷資料館」
ここ2年間で4回目の訪問です

前回は、特別公開が目当てだったので冬場(昨年12月)でしたが
それ以外は暑い時期ばかり

ここの売りは「涼しい事」・・・
高原に行かなくても涼味を味わえる事が出来ます
更に、屋内(地下)なので雨でもOK
高温多湿、雨が多い梅雨時にはうってつけの場所です

訪問日の9日の2日前・・・7日は東京都心で36.7度を記録
でも、ここの地下は10度
実に26度の温度差の世界を味わえます

160709104547a2.jpg
160709104547
1階から地下へ下る階段・・・先が霞んでいます
右側の黄色いホースは、よくマンホールでの工事現場で見ますね
トンネル内に空気を送って酸欠事故を防ぐ代物です

でも、ここのは逆・・・地下から空気を上げています
地下の冷気を建物1階の冷房に利用しているのです

前を歩くカップルさん・・・半袖は私も同じですが
素足の男子君、後で泣きを見ますよ


160709104621a2.jpg

160709104621
坑内が広がります

上部は霞んでいて、天井がよく見えません
この靄が結露となって、天井に付着・・・それが水滴となって
ポタポタと落ちてきます
雫は屋根が有るから無縁と思っていたのに想定外

顔や頭に水滴が当たるとひやっとしますね


160709104744a2.jpg
160709104744
実際に使用された採掘機具が残されています

この階段を下る間にも、室温が下がるのが実感できます


160709104858a2.jpg

160709104858
見学通路を下ります
隣室に巨大な岩のオブジェが覗きます
B’zのPVが撮影された所です


160709104859a2.jpg

160709104859
削られた大谷石の表面

坑内は上下、左右、前後全てがこの大谷石です


160709105002a2.jpg
160709105002
真上を見ると、はるか上に光が・・・
どの辺りを採掘しているか判るように地上と結んだ立坑


訪問日:2016年7月09日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.07.18 


Secret