サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「涼感に触れる?」のトップ記事は
こちら
公園入口に着きました
160730104623a2.jpg
160730104623
正しい道順なのか不明なまま、辿っていくと
公園の案内板が掲示されていました・・・正しかったようです

「本城山公園」・・・「ほんじょうやま」と呼ぶのですね

現在地は、案内図右下の駐車場脇
展望台に上がった後、案内図上部に降りて、狩野川を渡るコースです
(案内図にはその橋が掲示されていませんが、多分、大丈夫・・・でしょう

160730104707a2.jpg
160730104707
駐車場の奥まった所に「本城山登り口」の標柱

背後には緑がたっぷり
公園というより、まさしく森の雰囲気です


160730104744a2.jpg

160730104744
公園らしからぬ「登り口」の表示通り、いきなり階段から始まります

段の間隔が歩幅と合いません
無駄に歩数が増えていく感じ


160730105013a2.jpg

160730105013
地図によると「本城山」の標高は75.3m
取り付き部が20m弱なので、約55mの標高差ですが
ずっと階段だと、結構キツイかも・・・
(15階建てのビルと同じくらいですね)


160730105105a2.jpg

160730105105
4分ほど登っただけですが、汗が流れます
道のりでは、駐車場からまだ120mしか歩いていない?

この日、この時間(10時50分)の三島のアメダスで32.5度
森の中で直接、陽射しを受けませんが、
風が無くて、熱気がこもっている感じです
(熱中症にうってつけの環境?


numazuf.jpg
散策用の案内図では・・・「本城山公園」内の赤いラインが分岐した場所です

160730105145a2.jpg
160730105145
都内では花期が過ぎた紫陽花が咲いています

160730105258a2.jpg

160730105258
肩でゼイゼイと息をしながら、開けた所に出ました

目の前に巨大なキノコ?
ジブリやムーミンの世界に出てきそう


160730105307a2.jpg

160730105307
「山頂」に到着です

160730105332a2.jpg
160730105332
この地は、北条氏の城だったようですね
武田との戦い、豊臣との戦いでも舞台になった・・・との事


160730105341a2.jpg

160730105341
童話に出てきそうな「展望台」です

160730105419a2.jpg

160730105419
実は、登り口駐車場脇で整地工事をしていた作業員を見かけた後
誰とも出会っていません
さすがに熊は出ませんが、私が訪れる所、人が少ないです


160730105507a2.jpg
160730105507
3階ほどの高さの展望台に上がります

手前の愛鷹山(あしたかやま)山塊の先に富士山があるのだけど
雲に隠れてしまいました


160730105602a2.jpg
160730105602
北の方を望みます
先に見えるビルはJR三島駅の辺り、背後の山並みは箱根外輪山かと。

すぐ下を左右に流れている川(狩野川)に合流しているのが
「柿田川」(橋が架かっている川)

これからあの源流地点へ向かいます

160730105727a2.jpg
160730105727
次は、西の方を望みます
手前の小高い山は、「香貫山(かぬきやま)」(193m)、
その向こう側には沼津市街が広がっています
僅かに見える、弧を描いた駿河灘、身延山地、南アルプスが広がります


160730105852a2.jpg
160730105852
一瞬、雲が下がったのか・・・富士山の頂上が望めます

160730110011a2.jpg

160730110011
ズームします
富士山頂上左端に剣ヶ峰が見えます


160730110021a2.jpg
160730110021
頂上直下の白い部分は、残雪でしょうか

160730110026a2.jpg
160730110026
西の方もズーム
沼津市街、駿河湾の先に、富士の製紙工場群が見えますね


160730110040a2.jpg
160730110040
北東方向を望みます
頂上部に何かの施設がある山・・・
当初、鞍掛山か大観山かと思ったのですが、箱根駒ヶ岳(1356m)のような感じ


頂上?の施設は、駒ヶ岳ロープウェイの「駒ヶ岳山頂」駅のようなのですが、どうでしょう?


訪問日:2016年7月30日
つづく

関連記事
スポンサーサイト

2016.08.23 


Secret