サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「涼感に触れる?」のトップ記事は
こちら
湧水群に着きました
160730115544a2.jpg
160730115544
住宅街の奥まった所に・・・木々に包まれた細い道が出現

看板も何も掲示されていませんが、「柿田川公園」の入口でした
(正式には、第4号柿田川緑地の入口なのだそうです)
先に降りていく親子連れが居たから、入りましたが・・・
誰も居なかったら、躊躇するような細い道です

下り坂の途中・・・紫陽花の葉っぱでしょうか
葉に留まっているトンボを発見

子供の頃、「イトトンボ」と呼んでいた種です
やや濃いめのブルーの体色・・・
正式名を調べたのですが、よく判りませんでした

160730115819a2.jpg
160730115819
崖を下ってきました・・・「柿田川」沿いです

柿田川は長さ1.2kmととても短い川
川の水は全て湧き水・・・ですが、1日に100万トンと膨大な量です
一般的なユニットバス(200リットル)だと、1日分の湧水で500万世帯分をまかなえます


160730115951a2.jpg

160730115951
園内は木道や遊歩道で巡ります

その脇からも湧き水が流れ出ています


160730115923a2.jpg
160730115923
コンコンと湧き出ています
この辺りは元紡績工場だったとか・・・丸い土管は
当時の井戸の跡らしいです


160730120027a2.jpg
160730120027
柿田川は、長良川、四万十川と並ぶ、「日本3大清流」のひとつ

160730120245a2.jpg
160730120245
展望台を訪れるため、一旦、広場に上がります

日なたは暑い・・・出来るだけ日陰を移動

160730120452a2.jpg
160730120452
「第2展望台」へ降りてみます

これまで2回訪れたのですが、常に多くの人が居たのに
・・・今回は誰も居ません
不思議に思いつつ、湧水部を覗き込んでみると、よく見えません


160730120517a2.jpg
160730120517
カメラの絞りを小さくして撮ると、やっと井戸の水面が判りますが
周囲の日なた部分は白っちゃけています

前回はいずれも午前中の訪問(2013年)だったので光の向きが違うのか、
それとも周囲の植生が変わって、日陰になってしまったのか
いずれにしても、前のような絶景を見る事が出来ませんでした
(見物客が居ないのも判ります)


160730120800a2.jpg
160730120800
気を取り直して、「第1展望台」へ向かうべき
再び、広場に上がります


160730120954a2.jpg

160730120954
「第1展望台」からの柿田川です

清流を見る事は出来ますが、湧水部の様子が異なる気がします


160730121002a2.jpg
160730121002
展望台から下流側の湧水部は見えるのですが
上流部の湧水部は水が乏しい感じです

160730121011a2.jpg
160730121011
湧水場所が変化したのでしょうか?
公園を訪れている人は多いのですが、第1展望台も見学者は僅か・・・


160730121155a2.jpg
160730121155
下流部の湧水部では川底の砂が湧き上がっています

160730121429a2.jpg
160730121429
案内図左端方から公園に入りました

茶色部分は自動車沿いの高台にあります
中央部の第2展望台、右上の第1展望台へは
それぞれ階段による上り下りが必要


160730121726a2.jpg
160730121726
思いがけず、展望台が期待外れ・・・
気落ちしながらひと休み

この日、初の給水です
途中、トイレが無いので控えていました


160730122405a2.jpg
160730122405
木の葉の間からも強烈な陽射しが・・・
この日、12時30分、近くのアメダス(三島)では33度に・・・
まだまだ上がりそうな予感


訪問日:2016年7月30日
つづく
関連記事
スポンサーサイト

2016.08.29 


Secret