サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「涼感に触れる?」のトップ記事は
こちら
海沿いを走ります
160730160339a2.jpg
160730160339
東海道本線、根府川駅(標高約53m)

熱海寄りからのホームと海岸線は約100mほど離れていますが
小田原寄り先端部は約30mほどに近づきます

ホームの巾も極狭で、点字ブロックの内側は10cm有るか無いか・・・
線路寄りも危険だけど、「電車が来ますので下がって下さい」って放送されても
その方が、更に危険なような気がするホームです

見た感じ、その狭いホームのすぐ下が海の感覚ですが、
海との間に自動車道が2本走っています
すぐ海だったら、絶景の駅としてもっと注目を浴びていたでしょうね

左端・・・向こうに見えるのは、三浦半島

160730160356a2.jpg
160730160356
上空が明るいので気づきませんでしたが、既に夕方4時を過ぎています
山影に入ると、薄暗い雰囲気に・・・


160730160439a2.jpg
160730160439
トンネルと鉄橋が連続する区間です
一瞬、見えた集落は「米神漁港」のある「米神地区」でしょうか?


160730160541a2.jpg
160730160541
再びトンネルを抜けて「石橋」地区

「石橋」の地名で知られるのが、源氏と平家の「石橋山の合戦」の地
古戦場は、先ほどの米神地区とここ、石橋地区の間

地図を見ると、集落があるのは小さな川が海に注ぐ小さな扇状地部分
・・・のように見受けられます
山塊が海に落ち込む地形の中、限られた緩やかな傾斜地に
生活圏が形成されています


160730160544a2.jpg
160730160544
この辺りでは、東海道新幹線も細かくトンネルを通過する場所

新幹線は、東海道本線より約100mほど離れた山側を並行しています
・・・トンネルが連続していて、車窓好きな私が手持無沙汰になる区間です


160730160611a2.jpg
160730160611
国道から分岐した橋梁区間・・・「西湘バイパス」です

本線は湘南の「大磯」から箱根の入り口「風祭」まで
支線はこの「石橋」が終端となっているそうです

前方に小田原の市街地が広がっています
左端に見える端正な形の山は、丹沢の「大山」(1252m)


160730163936a2.jpg
160730163936
前の写真から、33分が経過しています

寝ていた訳ではなく、海岸線から離れた上、市街地が続いてて
・・・被写体が乏しい区間でした

相模川の橋梁を渡っています
左岸に広がる緑は公園かと思ったら、ゴルフ場のようです
先に見える橋の向こうが河口部・・・先ほどの相模湾が広がっています


160730170216a2.jpg
160730170216
間もなく「横浜」

座席上に見える小さなランプ・・・LEDランプです
緑色は着席中、赤色は空席
その脇にIC乗車券のタッチパネルがあります
着席したらグリーン券情報の入ったICカードをタッチします

グリーン車はずっと満席に近い状態です
次の横浜での降車客も多そうですが、乗車も多い筈
良い時間帯だと、グリーン券(自由席)を購入しても着席出来ない事も多々ありそう


160730172116a2.jpg
160730172116
「川崎」駅を発車・・・「多摩川」を渡ります

下流側を走っているのは京浜急行(以降、京急)の車両
京急とJR東海道線は昔からスピード競争でのライバルと言われています

今まで、京急は最高120km/h、JRは最高110km/hで
京急が速い・・・と認識していたのですが

京急は保安装置導入で120km/hが限界なのに対して
JRは遅延時にはプラスαで走行可能(安全な範囲内で)

遅れた東海道線に乗れたら、京急より速いそうです
(今回は熱海駅発車時で遅れていましたので、結構、飛ばしていました

訪問日:2016年7月30日
つづく(全20回)
関連記事
スポンサーサイト

2016.09.16 


Secret