サムネイル化した写真・地図をクリックして頂くと
1200×900サイズの写真が別に表示されます
文章内、
〇〇は別写真等にリンクさせています
「雨の合間に」のトップ記事は
こちら
ここも初めて
160917125720a2.jpg

160917125720
1282年、北条時宗公が創建

JR横須賀線の線路の前から石段・・・小ぶりの総門が見えます

160917125750a2.jpg
160917125750
山号は「瑞鹿山(ずいろくさん)」

「円覚寺」
読みは「えんかくじ」ではなく、「えんくじ」が正式なのだとか・・・
人生50年を過ぎて、初めて知りました

160917130247a2.jpg
160917130247
「総門」を入ると、その先、正面に大きな「山門」が見えます・・・
が、左側の城壁にも似た石壁とその先の屋根の姿に魅かれて脇道へ

基本的に天邪鬼の性格

160917130638a2.jpg
160917130638
その石段を上がると、茅葺の建物が・・・。

「選仏場」と掲示があります
その文字通り、「仏を選び出す場所」という意味で、
修行僧の座禅道場なのだとか

160917130720a2.jpg
160917130720
「山門」は通らずに境内に入ってきました

「総門」付近からは想像がつかない、広い境内です

160917130810a2.jpg
160917130810
「山門」の前に建つ「仏殿」

その内部、天井には「白龍図」が描かれています

160917131005a2.jpg
160917131005
老若男女の行列・・・坂の下部に先頭、坂の上部の列最後尾で撮った画です
長さは・・・50mは越えています

後で調べてみると「土曜座禅会」に参加される方のようです
あと10分後の、13時20分開始・・・座禅が人気なのですね~

160917134407a2.jpg

160917134407
前の撮影時刻から35分経過・・・ベンチに座ってだらけていた訳ではありません
境内の一番奥まった場所にある「黄梅院」を往復してきました

その復路、国宝の「洪鐘(おおがね)」との案内に魅かれてきました

鳥居の先には長そうな石段

先に居た家族連れは、この石段を見て
「上がった事にしよう」と鳥居前で記念写真を撮って、去りました

160917135139a2.jpg
160917135139
そう大変な石段ではありませんでしたが、多少は息が切れました

こちらが「洪鐘」・・・高さが259.5cm、約2m60cmですね
関東では最大だそうです

1609kitakamakura.jpg「円覚寺」は、鎌倉独特の「谷戸(やと)」と呼ばれる
丘が削られた谷に沿って建立されています

東西南北四方に広がる形ではなく、谷の下部から上部へ伸びる細長い境内
先に訪れた「東慶寺」、「浄智寺」も同じように細長い境内でした

 
enkakuji.jpg
境内には多くの塔頭がありますが、非公開となっている箇所が殆どです

訪問日:2016年9月18日
つづく(全9回)
関連記事
スポンサーサイト

2016.10.03 


Secret